ダメな男ほどチャンス!?壇蜜の“独特偏愛”趣味にビンビン高まる「期待値」

9月7日(土)17時59分 アサ芸プラス

 タレントの壇蜜が、9月2日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演。そこで、強烈な“男性の趣味”を告白した。

「壇蜜は『ちょうど昨日起きた出来事』として、ある男性芸人と打ち合わせをすることになり、楽屋で芸人が私服を畳んでいるところを目撃。そこに置かれた靴下の裏が真っ黒なことを発見して『身の回りの世話をしてくれる人いないんだなって思って、ギュンときた』と、なんと靴下の汚れに心をワシづかみされたことを告白していました」(テレビ誌ライター)

 これには、石橋貴明も「もう独特だ…」とあ然。ほかにも「若いころは(腕)時計を見る姿がカッコイイと思っていた」「(今は)断然チャックが開いてる人が好み」など、あまりにも独特過ぎる男性の好みに、スタジオでは驚きの声が上がっている。

「靴下の裏の汚れに“ギュンときた”というのは、おそらく彼女の“個性的な嗜好”によるもの。今年7月に出演した番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、壇蜜は『壁を見つめて“オレはもうダメだ“といっているような人が好き』と、ダメな男性を自身が養う恋愛が理想であることを明かした。靴下の汚れを見て『身の回りの世話をしてくれる人いないんだなって思って、ギュンときた』というのは、そういうことなんでしょうね」(スポーツ紙記者)

 壇蜜の個性的な“男性の趣味”はそれだけではない。16年2月に配信されたニュースサイト「ガジェット通信」のインタビューでは「前から好きだった俳優の内のひとりってどなたですか?」という質問に対しドラマ「相棒」シリーズにも出演している神保悟志の名前を挙げた。

「神保の名前を挙げた理由を壇蜜は『実は、昔好きだった男に顔が似ているんですよ』と告白。さらに『面影がある人というか』といって面影に偏愛的な嗜好があることを明かしていました」(芸能記者)

 ということは、壇蜜のお眼鏡に叶う男性は、“神保悟志似のダメンズ”ということなのか。彼女に養ってもらえるなら、進んで“ダメンズ”になっても構わない!?

(窪田史朗)

アサ芸プラス

「壇蜜」をもっと詳しく

「壇蜜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ