プレートアーマーは騎士のたしなみ 西洋風鎧をイメージした「アーマーパーカー+1」が誕生

9月7日(水)20時25分 BIGLOBEニュース編集部

アーマーパーカー+1(c)コスパ

写真を拡大

魔道書をイメージした「魔導書バッグ」などで話題のアイテムヤから新作「アーマーパーカー+1」が登場。価格は税込12,960円で、販売元のコスパやヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで7日から予約受付を開始した。また、9月15日から18日にかけて開催される「東京ゲームショウ2016」での先行販売も予定されている。


「アーマーパーカー+1」は、冒険しているような気分を味わうことができる戦士のための西洋風鎧パーカー。フルジップのフードは、目の部分がメッシュ素材となっているため視界良好で、気になる頭部へのダメージも大幅に軽減できる……ように感じるデザインとなっている。ボディ部分もこだわりのアーマー風デザインだが、フードを脱ぐと普通のパーカーにしか見えないため、戦闘時以外は普段着のパーカーとしても活躍しそうだ。


このほか、「アーマーパーカー+1」にマッチし、さらにフルアーマーに近づくことができる手袋「ガントレット グローブ」も同時に販売される。


アーマーパーカー+1


アーマーパーカー+1


アーマーパーカー+1


アーマーパーカー+1


アーマーパーカー+1


(c)コスパ

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ヴィレッジヴァンガード」をもっと詳しく

「ヴィレッジヴァンガード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ