キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック』新作の本編映像、きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」が劇中曲に

9月7日(土)12時0分 映画ランドNEWS

アーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅの大ヒット曲「にんじゃりばんばん」が、10月4日(金)公開の映画『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲に起用されていることが明らかになった。


ジョン・ウィック


裏社会の聖域:コンチネンタルホテルで不殺の掟を破った伝説の殺し屋・ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は、裏社会の頂点に立つ闇の組織:主席連合によって1,400万ドルの賞金をその首にかけられ、全世界の殺し屋達のターゲットとなってしまう。なかでも、本作最強の刺客として登場するニンジャ集団との激闘に期待と注目が集まっているが、彼らの初登場シーンで、世界に活躍の場を広げるアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅの大ヒット曲「にんじゃりばんばん」が採用されていることが明らかに。あわせて同曲が流れる本編映像が到着した。


解禁された本編映像は、主席連合から派遣された冷酷な裁定人(エイジア・ケイト・ディロン)が、ジョン・ウィックを確実に抹殺するべく最強のニンジャ軍団に暗殺を依頼するシーン。土砂降りのなか、裁定人が訪れたのはNYの片隅に佇む寿司屋<平家>。和服に身を包んだ寿司職人たちが「いらっしゃいませ〜!何にします?」と威勢よく挨拶すると、裁定人は無表情で主席連合の証であるコインを差し出す。だが、彼らは、表の顔は寿司職人、裏の顔は板長でもある最強の暗殺者・ゼロ(マーク・ダカスコス)が率いる最強のニンジャ軍団だった。調理の困難なフグを華麗にさばき、寿司職人としても一流の腕前を披露したゼロは暗殺依頼に「興味がある。とても」と申し入れを快諾。伝説の男ジョン・ウィックとの対決に静かに闘志をみなぎらせるシリーズ最強の刺客が刺身包丁から日本刀に得物を持ち替え、ジョン・ウィック暗殺に向けて始動する。


そんな緊迫感満載のシーンで平家の店内BGMとして流れるのが、世界で活躍するアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅの大ヒットソング「にんじゃりばんばん」。同曲の個性的な歌詞とメロディが暗殺者ニンジャたちを引き立て、本シリーズの魅力ともなる日本風の世界観をより一層魅力的に盛り上げる。


本作での楽曲起用について、きゃりーぱみゅぱみゅは「『にんじゃりばんばん』が、有名なハリウッド映画で流れていると知って本当にびっくりしました!私の中でも代表曲のひとつなので、素直にすごく嬉しかったです。」とコメントを寄せ、大人気アクションシリーズ参戦の喜びを語っている。



映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日(金)より全国公開


(C)TM & (C)2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「キアヌ・リーブス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「キアヌ・リーブス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ