小宮悦子アナ「久米宏さんに褒められたのは一言だけ」

9月7日(金)7時0分 NEWSポストセブン

「ニュースステーション」は時代を作った(共同通信社)

写真を拡大

『報道ステーション』(テレビ朝日系)の小川彩佳アナ(33)と富川悠太アナ(42)の「確執報道」(週刊文春)が改めて浮き彫りにしたキャスター同士の愛憎劇。テレビ界の歴史では、このような男女キャスターの確執は幾度となく取り沙汰されてきた。


『ニュースステーション』(テレビ朝日系)で長らくコンビを組んだ久米宏(74)と小宮悦子アナ(60)も、不仲説が常に付きまとっていた。


〈久米が小宮アナの原稿読みに文句をつけた〉

〈小宮が久米に抗議した〉


 過去にはこんな報道も出たが、昨年3月、『サワコの朝』(TBS系)に小宮が出演した際、久米との関係について明かした。


「久米さんに褒められたのは、結婚した時に『男性の趣味はいいね』という一言だけ。大先輩だし、怖かったです。声を下げろ、笑うな、とかよく怒られました。


 久米さんは言葉が足りないんです。“禅問答”のような注意もあって、『ニュースを読んでるんだけど、読まないでくれる?』みたいなことを言って去るんですよ。1週間か10日ぐらい、ひとりで考えたこともあります」


※週刊ポスト2018年9月14日号

NEWSポストセブン

「小宮悦子」をもっと詳しく

「小宮悦子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ