板野友美のパブリックイメージとは? 28歳の人生設計「理想は抱かない」 (1) AKB48時代の「強い」イメージ

9月8日(日)10時0分 マイナビニュース

板野友美は、姉御肌で強い女性。2014年に放送されたバラエティ番組『板野パイセンっ!!』(TBS系)では同事務所の後輩・小島瑠璃子の前でまさに“パイセン”らしさを見せていたが、何となくそんな印象に引っ張られている自分に気づいた。無意識に定着してしまった「芸能人のイメージ」は、果たして真実の姿なのか?

2013年にAKB48を卒業後、ソロアーティストのほか、女優としても積極的に活動している板野。『プリズン13』(8月30日公開)では、監獄実験に身を投じた妹(堀田真由)を助け出そうとする姉・ユマを演じる。パブリックイメージとも重なる役柄から、板野の“本性”を探った。

○■会う人から「イメージと全然違うね」

——『プリズン13』の制作が発表された時、「妹への愛があって、結婚していて、でも男っぽくて、不良に見えないように、でも、可愛らしさもあり」「ちょっと演じるのが難しい役」とコメントされていました。1つの役とそうやって向き合っていらっしゃるんですね。

4つ下に妹がいるので「妹への愛」は感情移入しやすかったんですけど、一番難しかったのが「男らしさ」。自分の中でどこにそれがあるのかなって……。ガタイの良さとか背の高さから伝わる「強さ」や「男らしさ」と私は真逆。例えば、ボクシングをしているシーンも、ただのボクササイズに見えたら嫌だな……とか。妹役の堀田真由ちゃんよりも身長が低いので、そこを踏まえてどうすれば「男らしさ」を伝えられるか。監督とも話し合いながら、服装だったり、事前にボクシングを習ったりして役作りをしていきました。

——他の作品含めて、自分から遠い存在の役であればあるほど、難しいものなんですか?

役によると思います。キャラクターを演じる場合はそのイメージがあるので、楽しんでできるかもしれないですけど、男らしさは見た目の方が先行するような気がして。小柄な私が、言葉の言い回しだけでそれを伝えるのは難しいと感じていました。

——私の勝手なイメージなんですけど、板野さんは「姉御肌」の印象です。それは「男らしさ」と重なる部分もあるような気がします。本当はそうじゃないということですか?

後輩とかの前ではそうなのかもしれません。あと、妹がいるので(笑)。でも、幼いって言われることもあるし、人によります。すごくしっかりしている人に対しては、ただの甘えん坊です(笑)。でも、パブリックイメージほど「姉御肌」というわけではないです。

——姉御肌タイプに見られることは多いですか?

めちゃくちゃ言われます。強い女にも思われがちです(笑)。

——昔から?

たぶん、AKB48時代の強いイメージが今でも影響しているんだと思います。あとは、ソロでダンスナンバーで目つきが鋭かったりするので、そのせいかもしれません(笑)。

——卒業してしばらく経ちましたし、最近は周りのイメージも変わってきたんじゃないですか?

そうですね。会う人から「イメージと全然違うね」と言われるんですけど、私にとってはこれが普通で(笑)。プライベートでもずっと同じなんですけど、友達にも「そういう素の一面を出していった方がいいよ」と言われるので、ダンスナンバーだけじゃなくて、もっとかわいい雰囲気の曲とかも出していけたらいいなと思っています。そうやって、ちょっとずつでも私の本性が伝わればいいな……(笑)。

——本性(笑)。作詞にはそういう思いも反映して。

作詞はバラードが多くて、実体験だったりストレートな歌詞なので、自分に近いものはあると思います。

——新曲「君に贈る歌」は女性への応援歌ですが、「自分のことを認めてあげよう」というメッセージは、自分へのメッセージでも?

今はそうでもないんですけど、26歳になった時にすごく自分の今後について考えたんです。いよいよアラサーだなと何となく感じて。女性は仕事を続けながら、結婚して、家庭を持って、出産をして。自分が岐路に立った時に、どういう方向に向かって行きたいかをすごく考えて。やっと仕事でいいところまで来たと感じた時に結婚で仕事を一旦は中断するのか。まだ結婚せずに、仕事を続けるのか。28〜30歳ぐらいは、そんなことを考える年齢だと思うんですよね。自分が「やりたいことに突っ走って大丈夫」という応援歌は、自分自身にも刺さるし、やっぱり一度きりの人生だから悩んでるだけじゃなくて、「楽しんでいこうよ」みたいな後押しになる言葉があってもいいかなって。

マイナビニュース

「板野友美」をもっと詳しく

「板野友美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ