橋本マナミが突然に自動車の賞を受賞した理由

9月8日(金)21時0分 まいじつ


(C)まいじつ



タレントの橋本マナミが、自動車のある生活を楽しんでいる著名人に贈られる『日本ベスト・カー・フレンド賞』を受賞し、9月7日に東京都内で行われた授賞式に出席した。橋本は「もともと運転が大好き。レンタカーを借りたりして運転していました。男性の助手席に乗るのも好きで、横顔を見ながらキュンキュンしていました」と、車にまつわる思い出を披露した。


【関連】 「豊田議員の気持ち分かる」橋本マナミが炎上


「この賞は“車文化の醸成に貢献している人”を基準に、タレントのテリー伊藤が選んでいるのですが、橋本の受賞については“横に乗せたい”という基準で選んでいるとしか思えません(笑)」(芸能記者)


橋本の選出理由についてテリーは「“愛人にしたい女性”がキャッチフレーズだったけれど、彼女は『結婚したい』とよく言っている。結婚してお子さんが生まれ、学校に迎えに来てほしいママのナンバーワンになれば面白い」などと説明した。


また、モデルの藤田ニコルも同じ賞に選ばれ「なんでわたしが?」となったそうだが、受賞理由について「カラフルな車が似合う女性ということで。こういう女性が車に乗ってくれると街が華やかになる」と説明されると、藤田は「乗るなら黄色のカラフルな車がいい。音楽をかけながら渋谷とか原宿に行きたい」と話した。


ちなみに藤田は車の免許を持っていないそうだ。このほかにはタレントの武井壮が選ばれている。



CMプランナーが橋本に注目


「そもそもこの賞は、テリーが受賞式で会いたい人、もしくは車のCMに出たら格好いいという基準で決めている感じがします。しかし、テリーの選考はいい線を突いている面もあって、オープンカーに橋本が乗っていたら、格好いいし似合うでしょう」(同・記者)


美女と自動車という組み合わせは、CMを作るプランナーも注目しているようだ。


「かつて、近藤真彦が日産『マーチ』のCMで“マッチのマーチ”というキャッチコピーを付けたら、たくさん売れたことがありました。タレントと車の相性が合致したイメージが好センスを呼ぶと、飛ぶように売れるケースもあります。そうした成功例もあるので、CM関係者はこの賞に注目しているのです」(広告代理店関係者)


橋本が一気に車のCM出演に近づいたといえそうだ。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

橋本マナミをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ