錦戸亮脱退で『関ジャニ』解散確実! 不穏な動きに今さら納得...

9月8日(日)19時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 



9月5日夕方、『関ジャニ∞』の錦戸亮が9月いっぱいでグループを脱退し、ジャニーズ事務所からも退所することが公式サイトで発表された。


【関連】37歳・元関ジャニ渋谷すばるの“直筆”にドン引き「小3の甥とそっくり」 ほか


錦戸の進退を巡っては、今年3月発売の『週刊文春』が脱退・退所をスクープしていた。当時の同誌によると、錦戸は昨年に渋谷すばるが脱退した際、〝渋谷がいないと意味がない〟としてグループ解散を主張していたとのこと。しかし、他のメンバーはグループを存続させたい意向だったためズレが生じ、結局、最後まで意見が一致することはなかったのだという。


これでデビュー当時8人いたメンバーが5人となる「関ジャニ」だが、メインボーカルやフロントメンバーの連続脱退でダメージは必至。既に一部マスコミでは「存続不可」や「解散か」といった文字も躍っており、ファンは今後のグループに神経を尖らせている。


 


よく見るとここ1年で解散を見据えた動きが…


しかし、残念ながらグループは、やはり解散の方向へ向かうようで…。


「ここ1年ほどの状況を見る限り、解散は既定路線と言っていいでしょう。というのも、昨今の『関ジャニ』は村上信五がピンでのMC仕事を続けて獲得している他、横山裕と大倉忠義は後輩である関西ジャニーズJr.のプロデュースを手掛けるなど、メンバーが〝セカンドキャリア〟に向けた活動を広げているんですよ。これらは、司会業転向やプロデュース専念といった、解散後のことを見据えた動きに他なりません。最初は活動出来ても、メンバー脱退のダメージを考えると、じきにジリ貧になって解散は時間の問題ですね」(ジャニーズライター)


そして、〝グループ解散説〟をさらに有力にするのが、後輩グループを巡る不思議な動きだという。


「昨年秋、関西Jr.に新グループ『なにわ男子』が誕生したのですが、彼らはファンからも不思議がられるほど、デビュー前とは思えない大きな仕事を次々とゲットしています。また、同じく関西ジャニーズ出身である『ジャニーズWEST』も、デビュー5年目にしてプライム帯のドラマや冠バラエティー、ワールドカップバレーのイメージキャラクターという大きな仕事を次々と獲得中。Jr.としては異例の躍進も、5年目にしてようやく売り出し始めたのも、今思えば『関ジャニ』の後任となるグループを育てて穴を埋めようという意図があったということです」(同・ライター)


とはいえ、同じ関西のグループがブレークしたとしても、「関ジャニ」のファンが丸ごと流れるわけではないことも事実。いろいろと心配なニュースが続くジャニーズだが、せめて関西くらいは「笑い」を届けてほしいものだ。


 


まいじつ

「脱退」をもっと詳しく

「脱退」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ