CYBERJAPAN DANCERSが過激写真集をお尻でアピール、10人で“半ケツ”ショットも収録

9月8日(日)20時56分 RBB TODAY

CYBERJAPAN DANCERS【写真:竹内みちまろ】

写真を拡大

ゴーゴーダンサーグループ・CYBERJAPAN DANCERSが8日、都内にて、最新写真集「BONJOUR!!」(集英社)の刊行記念記者会見を開催した。

※ほかの写真をチェックする

 9月1日に東京・豊洲PITにて初のワンマンライブを成功させたCYBERJAPAN DANCERS。同写真集では、人気メンバー10名(KANAE、KAZUE、KAREN、KANA、HARUKA、RiRi、JUNON、KOZUE、NATSUNE、REONA)が、グラビア撮影の舞台としては初となる台湾でロケを行った。



 会見には、写真集に参加した10名が出席。完成した写真集を手に、リーダー的存在のKANAEは「普段、ビキニで踊ることが多いのですが」としたうえで、「今回は初めて台湾で10人揃ってセクシーなチャイナドレスを着ることができて嬉しかったです。ビキニとはまた違ってチャイナドレスはセクシーな気分になって撮影できました」と振り返った。JUNONが「ビキニよりチャイナドレスの方がエッチですよね」と言葉にすると、KANAEは「布が多いのにビキニよりもエッチな気持ちになりました」とはにかんだ。



 フォトセッションでは、10人がカメラマンに背中を向けてチャイナドレスをまくり上げ、「最新写真集9月11日発売(ハートマーク)」と記された水着のお尻を10個並べて突き出し、キュートにアピールした。

 会見では、それぞれがお気に入りカットを紹介する一幕も。KOZUEはビキニスタイルで中腰になったバックショットをピックアップし、「このページがお気に入りです」とにっこり。KOZUEが「すごい、……お尻」とつぶやくと、JUNONが「彼女はお尻がとてもセクシーなので」と声を弾ませ、KOZUEは「お尻はメチャクチャ鍛えているので」と明かした。

 デビューして1年というHARUKAは、「ずっと封印してきた“横乳”を今回出させて頂きました。こんなセクシーな表情を自分はできるのだという気持ちです。嬉しい写真集です」と笑顔。REONAも「CYBERJAPAN DANCERSに入ってまだ3か月で、撮影をしたときもポージングなどぜんぜん分からなかったのですが、カメラマンさんがもう、『ポージングとかないから乱れて! 乱れて! とりあえず乱れて!』と(笑)」などと述懐。「ありのまま乱れまくっているのでめっちゃ私が好きなカットになっています」と目を輝かせた。

 さらに、写真集には、海で10人で横一列に並び、ビキニの水着を全員で下にずらすという“水着で半ケツ”ショットも収録されている。JUNONは「海で“水着で半ケツ”はちょっと恥ずかしかったです」といい、「日焼け跡が残っていたので、お尻を出す恥ずかしさよりは、日焼けの跡が恥ずかしかったです」と照れ笑い。他のメンバーたちも、「ずらすのは、ノーパンより恥ずかしいよね」、「10人で“半ケツ”というのは初体験でした」などと声を弾ませた。

 イベントの最後、KANAEは、ビキニスタイルで行ったという9月1日のワンマンライブを「それに向けて今年1年、たくさん練習して、たくさん話し合いました。大成功に終わって、初めてみんながステージの上で号泣したイベントになりました」と述懐。続けて、「改めて、『ひとつの目標に向かってグループみんなで頑張ることって素晴らしいな』と感じました」と実感を込めて語り、「今、グループの気持ちがギュッとひとつになっていますので、この気持ちを活かして、みんなでやれば、『セクシー』も、『かわいい』も、『かっこいい』もできる集団だなと思いました。みんなでひとつのイベントなり、写真集という作品なり、これからも何かを作り上げていけたらいいなと思いました」と目を輝かせた。

RBB TODAY

「CYBERJAPAN DANCERS」をもっと詳しく

「CYBERJAPAN DANCERS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ