『十津川警部』渡哲也・渡瀬恒彦兄弟初対決に至るまでの苦労

9月8日(日)16時0分 NEWSポストセブン

 1992年4月に第1作が放送されてから実に21年間。2時間ドラマの中でもとりわけ長寿を誇る『西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ』(TBS系)が、9月9日放送で50作目を迎える。


 記念すべき50作目の作品『消えたタンカー』の見どころは、なんといっても十津川警部役の主演・渡瀬恒彦(69才)と実兄・渡哲也(71才)の3度目となる共演だ。しかも初めての兄弟対決。


 2時間ドラマの醍醐味といえば、“いかにも怪しげな”だったり“まさかこの人が”といった登場人物のなかから「誰が犯人か」を推理すること。しかし今回、シリーズ当初からプロデューサーを務める森下和清さんが、番組記者会見で「渡さんには犯人役をお願いしました」と、あっさりと明かしたのだ。


「視聴者のかたがたに、渡さんがどんな犯罪者役をやるのか、その渡さんを渡瀬さんがどう追い詰めるのかに注目してほしかったからなんです」


 と森下さん。実はこの兄弟共演が実現するまでには、紆余曲折があったのだという。


「ぼくは渡さんの大ファンで、いつか兄弟共演をしてほしいという思いがずっとありました。そこで今回、渡さんに出演を依頼すると、2年前に『帰郷』(TBS系)で兄弟共演をした時に、会見で『兄弟共演はこれで最後です』と言ってしまったから、NGだと。真面目なかたなので、言ったからには出られないとおっしゃるんですね。弱ったなぁと思いました(苦笑)」(森下さん)


 それでも森下さんは諦めなかった。


「渡瀬さんにも『なんとか口説いてほしい』と頼み込んでね。『そんなに言うんなら、おれも力を貸すよ』と言ってくれました」(森下さん)


 渡瀬も、兄の出演に向けて本腰を入れた。


「ぼくとしても50作ということもあって、なんとかもう一度、兄貴とやりたいという思いがあったんです。兄貴に電話したら“難しい”というので、直接、自宅に頼みに行ったりもしましたよ」(渡瀬)


 口説くこと、およそ1か月。渡がようやく「本(脚本)を見せてくれ」と折れた。


「今度は渡さんに合う役を原作から探したのですが、どうしても見つからない。そこで、西村京太郎さん(82才)に原作を変える許可を得て、原作には出てこないオリジナルの役を考えたんです」(森下さん)


 そして決まった今回の兄弟共演に、渡瀬も顔をほころばせる。


「兄は体調がよくないので“人に迷惑をかけないか”と心配していました。だから、通常2週間で撮り終えるところを、特別にスケジュールを緩くしてもらって乗り切りました」(渡瀬)


 森下さんは、渡瀬がこれまでの現場とは違う表情を見せていたという。


「普段は“仕切り屋”で、スタッフにあれこれ指示を出す渡瀬さんが、渡さんが現場に来る時は急に“弟”になるんです。1時間前に来て渡さんを待っていたり、自分の出番のない時でも、渡さんの芝居を見ていたり。すごく兄弟愛を感じました。お兄さんを尊敬し、お兄さんが大好きなんだなぁって」


 渡瀬自身は、兄・渡をどう思っているのだろうか。本人に聞くと、こんな言葉が返ってきた。


「兄は俳優としていちばんいい時期に石原プロに尽くしているんですよ。ある時、兄に『どうして石原プロなの?』と聞いたら、『裕次郎さんだ』と言うんです。『裕次郎さんが何?』と聞くと、『優しいんだ』と。人を許すことができる裕次郎さんの器の大きさ・それと同じようなものを、ぼくは兄から感じるんです」


 今回の『消えたタンカー』は、巨大タンカーが炎上沈没し、生き残った船員が次々に殺されていくという、西村作品のなかでもとりわけスケールが大きく、映像化が難しいといわれてきた作品。そのなかで渡が演じるのは、事件の鍵を握る元船長だ。


 いつもなら、最後のシーンは、十津川警部と亀井刑事が一緒に犯人の元を訪れるところを、今回は十津川がひとりで元船長を訪れる“兄弟ツーショット”になっている。


「あのシーンの兄、素敵でしたね。ああいう場面って、人間の重みみたいなのが出てくるんでしょうね」


 共演シーンを振り返りながら、渡瀬が相好を崩した。


※女性セブン2013年9月19日号

NEWSポストセブン

「十津川警部」をもっと詳しく

「十津川警部」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ