中居正広の冠番組『新・日本男児と中居』 放送作家も感心「いいなぁ」「すごいなぁ」「なるほどなぁ」

9月8日(日)15時50分 Techinsight

『新・日本男児と中居』が視聴者にも好評(画像は『新・日本男児と中居 2019年6月8日付Twitter「夜おそくまで、ありがとうございました!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

中居正広がMCを務める日本テレビ系バラエティ番組『新・日本男児と中居』は、今年の5月から金曜プラチナイト枠でスタートして4か月が過ぎた。一風変わった価値観を持つ「日本男児」にスポットを当て、後呂有紗アナウンサーの進行で中居正広やゲストがトークを繰り広げるという趣向の番組だ。回を重ねるにつれて視聴者からは「今夜もすごく楽しかったです。いつももっと見たいな〜て思います!」、「あっという間過ぎて30分伸ばして1時間ではいかがでしょうかね」という声も見受けられるようになった。

ゲストは基本的に毎回変わるなか、『メモの魔力』の著者でもあるSHOWROOM社長の前田裕二さんは度々出演しており「新・メモ魔男児」として準レギュラー的存在となっている。そのため「ほんとこの番組面白いですよね。始めは、どうかな?って思ったりしたけど、なんか中居くんと前田さん、そしてゲストさんの会話がなかなか面白い。くせになる、また中居くんの他の番組と違う面白さがあります 番組スタッフさんありがとう」といったコメントも寄せられている。

スタッフと言えば『イチバアサミ 放送作家』Twitterでは毎回オンエアのタイミングでツイートしており、9月6日深夜の放送を前に「#新・日本男児と中居は500人と朝カフェデートした男児!! 中居氏ひとこと・気持ち悪い!!!」という内容を受けて、「ここだけの話、制作に携わっていて“いいなぁ”“すごいなぁ”“なるほどなぁ”という言葉しか出ない『#新・日本男児と中居』」とつぶやいた。

そんなイチバアサミさんは結局、「昨日のモーニングデート男児さん @asacafe_tokyo を見習って、本日は朝からDEAN&DELUCAでトーストモーニング食べながら仕事スタートしました」というからかなり影響を受けているようだ。

今回は「朝カフェを極め、女子500人と朝食デート男」がテーマだったが、前回は「前田社長が悩める現代人に贈る新・生き方論」といつもジャンルは違う。遡れば「BTSに人生捧げたらファン20万人ついた男」、「新カリスマ米津玄師を崇拝男『ヨネヅラー』」、「働く美女が崇拝!一日30分しか寝ない男」、「菅田将暉に人生を捧げ月収100万円を稼ぐ男」など興味深いものが多い。

なかには「とりあえず新・日本男児と中居はナレーションが正広をいじってくるから最高“中居氏”と言われてる地点で最高」、「再放送を録画してたから見たけど、スダラーとヨネヅラーが歌い始めたとこウケたw 腹痛いw」、「あ〜! 新さんゲストに、来ないかなぁ! 新さんもある意味ガッチガチだから面白いと思うんですけどー! 井浦新さん、新・日本男児と中居にゲスト出演しませんかねぇ!?」という視聴者もいて、楽しみ方も様々である。

TBS系『なかい君の学スイッチ』が昨年9月25日に放送を終え、今年に入るとテレビ朝日系『中居正広の身になる図書館』が3月11日に終了して、スピンオフ番組の『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』も公式Twitterで4月26日に番組終了を告げた。さらに日本テレビ系『ナカイの窓』が3月27日に放送を終えた。

一方、中居正広がMCを務める新番組は昨年10月22日にTBS系『中居くん決めて』が始まり、今年4月27日からテレビ朝日系『中居正広のニュースな会』、そして日本テレビ系『新・日本男児と中居』が5月4日から放送されている。また、日本テレビ系特番『中居正広の悲報館』の9月22日放送が決定しており、早くもレギュラー化を期待する声が出ている。

そのように冠番組の変動が激しいなか、中居正広にとって『新・日本男児と中居』の評判が良いのは今後の展開にプラスとなりそうだ。

画像は『新・日本男児と中居 2019年6月8日付Twitter「夜おそくまで、ありがとうございました!」』のスクリーンショット

Techinsight

「中居正広」をもっと詳しく

「中居正広」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ