霜降り粗品の「スプーンに映った小栗旬」ネタに小栗が太っ腹な切り返し!

9月9日(月)10時0分 アサ芸Biz

Œ|”@ƒjƒbƒ|ƒ“•ú‘—uƒI[ƒ‹ƒiƒCƒgƒjƒbƒ|ƒ“vƒp[ƒƒiƒŠƒeƒB[”­•‹L

写真を拡大

 9月2日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に9月13日公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の宣伝のためゲスト出演した小栗旬。そこに自称「スプーンに映った小栗旬に似ている」お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が登場。小栗が自分の顔をスプーンに映して、粗品と似ているかを検証した。

 粗品はこの番組収録前に大阪でロケ仕事があり、本気で小栗に間違えられたと告白。小栗の目前で「スプーンに映った小栗旬」と自己紹介するのが鉄板のボケだと説明している。

 しかし実際に2人が並んでみると、スタジオの観客からは「全然似てない!」「今後ネタにしちゃダメ」とブーイングが。そこで番組スタッフがカレーライス用の大きめのスプーンを持ってきて小栗に渡し、実際にスプーンに顔を映してもらうと、確かに映す角度によっては粗品とそっくりになることが判明。小栗は粗品が今後もネタにすることを「全然オッケーです!」と言い、「僕もスプーンに映せば粗品になると言えますね」と切り返して笑いを誘った。

「ネット上は『まさかテレビでスプーンに映った小栗の顔を見られるとは思わなかった』と沸いています。小栗は粗品に対する態度で懐の深さを披露したようなものでしょう」(女性誌記者)

 スプーンに映った小栗と粗品が似ていることがわかったのと同時に、器が大きいことこそ小栗に男友達が多い理由なのだと知らしめたのではないだろうか。

アサ芸Biz

「粗品」をもっと詳しく

「粗品」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ