20年後の「サザエさん」でタラちゃん役・成田凌に黄色い悲鳴が殺到!

9月9日(月)10時15分 アサジョ

 今年で放送50周年を迎える国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)。それを記念して、11月24日に「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」が放送される。そのキャストが発表され、主役のサザエに女優の天海祐希、マスオ役に俳優の西島秀俊など主要キャストが明らかにされた。

「ドラマでは、磯野家の20年後の姿が描かれています。44歳になったサザエさんの他に、31歳のカツオ(濱田岳)、29歳のワカメ(松岡茉優)、そして波平役に伊武雅刀、フネ役に市毛良枝など大物俳優も出演します」(テレビ誌ライター)

 その中でも話題になっているのが、23歳のタラオ役の成田凌だ。ドラマでは就職活動中で、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送るタラオを演じる。これにファンのみならず世の女性たちは大きく反応。ツイッターでも「サザエさんの実写版タラちゃんが成田凌ってイケメンになりすぎ。。無理」「タラちゃん超絶イケメンになってんじゃねぇか」「タラちゃんに成田凌を選んだ人天才か??????」など、興奮するつぶやきが数多く寄せられた。

 今回の役を演じるにあたって「皆さんのイメージは3歳のタラちゃんのイメージですから、20年後のタラちゃんを演じることはとてつもない責任を感じています」とコメントしながらも「皆さんの期待を裏切らないように期待に応えたいと思います」と意気込みを語っている。

「成田をタラオ役に起用したことについて、フジテレビのプロデューサー・渡辺恒也氏は『成田さんのタラちゃんについては、視聴者の皆さんがキャラクターに抱いているイメージを大事にしつつ、20年の時間経過の中で“こんな風に大人になったんだな”と納得できるような方、というテーマでキャスティングを進めました』と語っています。予想外の配役で話題性を狙い、まずは大成功といえるでしょう」(女性誌記者)

 成田は、9月13日公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」で、太宰治を崇拝し、執筆を依頼する熱心な若手編集者・佐倉潤一役として出演する。太宰に振り回されながらも一緒に喜んだり、怒ったりと、激しく感情をむき出しにした役どころを熱演。タラオの役とはまるで正反対な役柄。映画公開から約2カ月後に放送される「サザエさん」で、どんな“振り幅の広い演技”を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

(窪田史朗)

アサジョ

「サザエ」をもっと詳しく

「サザエ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ