「ミニオン」がボードゲームに 報酬のバナナを勝ち取れ!

9月9日(月)20時0分 J-CASTニュース

どの計画にミニオンを何人派遣するか、駆け引きが楽しい

写真を拡大

ジグソーパズルなどを手がけるやのまん(東京都台東区)は、映画「怪盗グルー」シリーズなどに登場するキャラクター「ミニオン」が題材のボードゲーム「ミニオン バナナゲーム」を2019年9月下旬に発売する。

3〜5人でプレイ可能



プレイヤーは「ミニオン・チーム」のリーダーとなり、仲間のミニオンたちを様々な計画に派遣。ライバルチームとの争奪戦に勝利し、計画達成の報酬「バナナ」を勝ち取ることを目指す。



プレイヤーはスクリーン(ついたて)の中で、どの計画に何人のミニオンを派遣するか、状況やキャラクターの特徴を考えながら、ライバルのプレイヤーに見えないよう作戦を練り、駆け引きが楽しめるという。



セット内容は、「計画カード」×50枚、「マシンカード」×25枚、「リーダーカード」×8枚、「案内板カード」×5枚、「チップシート」×2枚、「スクリーン」×8枚。



プレイ人数は3〜5人、プレイ時間の目安は20分〜。



価格は2700円(税別)。



なお、同社直販サイトでの購入特典として、スペシャル計画カード「大集合!」を同梱する。

J-CASTニュース

「ミニオン」をもっと詳しく

「ミニオン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ