祭nine.神田陸人、和牛に「“公式おにいちゃん”になってほしい」

9月9日(水)1時25分 マイナビニュース

エンタテインメント集団・祭nine.の寺坂頼我、神田陸人、浦上拓也が、15日に放送されるカンテレのバラエティ番組『和牛の以上、現場からお伝えしました。』(毎週火曜24:55〜 ※関西ローカル)に出演する。

今回は、北朝鮮、麻薬密造など数々の事件現場に潜入取材し、多くの闇事件を肌で知る裏社会ジャーナリスト・石原行雄さんが特別ゲストとして登場。現場で体験した衝撃のリアルがクイズ形式で出題され、ミルクボーイと解答を競う。

また、22日には、祭nine.の野々田奏、横山統威、高崎寿希也が出演予定。8から4週にわたって祭nine.のメンバーが番組に登場する。

収録を終え、寺坂は「グループでバラエティに出ることがあまりないので、硬い気持ちで臨んだんですけれど、予想以上に出演者の皆さんがやさしくて、めちゃめちゃ居心地がよかったです」といい、メンバーで唯一関西出身の浦上も「和牛さんとスタッフさんが打ち合わせしてるとき、ボイメンは爪痕残したからみたいな声が聞こえてきて、すごいプレッシャーでした。でも家族に観てもらえるのですごくうれしいし、ちょっとは親孝行できているのかなと思います」とコメント。大阪検定2級を持つ神田は「(和牛さんが)やさしく接してくださったので“公式おにいちゃん”になってほしいなと思いました」とそれぞれ感想を述べた。

和牛との共演について寺坂は「祭nine.のイベントでMCをやるときもあるんですけど、川西さんのつなぎとかめちゃくちゃうまくて、ものすごい勉強になりました」と勉強熱心な一面を。

メンバーに最近あった事件を聞くと「けさ新幹線の駅で10分前に集合したときに、野々田だけ寝坊して遅れてきたんです。さらに座席に着いたらすぐに寝て、どんだけ寝んねんて思いました」と浦上がエピソードを披露。そんな野々田は、道中でエネルギーをしっかりためたのか、22日放送分の収録で“かっこいいひと言”というお題で元気いっぱいの姿を見せており、「関西に通用する笑いを届けるべくがんばっている姿を観てください」とアピールした。

横山も番組で100個持っているというイケメンらしからぬ変顔を披露しており、「観た人が(僕の)ファンになるか、ならないかはその人次第です。託したいと思います」と全力でやりきった様子だ。

さらに「事務所に入ったきっかけがけん玉だった」という高崎は、本人が「むっちゃ大変でした」と語る、ある状況で特技のけん玉を披露している。

最後に視聴者へのメッセージを聞くと、寺坂は「祭nine.はことし4年目を迎え、より全国の人に姿を届けられるように頑張っていきたいと思っています。今回の出演もその一歩だと思うので、まずは観ていただいて知ってほしいです。よろしくお願いします」と話した。

マイナビニュース

「祭nine.」をもっと詳しく

「祭nine.」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ