平野紫耀 「ドSでクールと思われてるのかと不安になる」

9月9日(月)16時0分 NEWSポストセブン

キンプリ平野が「不安」を語る

写真を拡大

 映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(9月6日公開)で白銀御行(しろがねみゆき)を演じたKing & Princeの平野紫耀(22才)。役者としての活躍も目覚ましく、主演映画はこれで3作目だ。


「座長として心がけたことは何もないです。たまに差し入れしようかな…くらい(笑い)」とおどけてみせるのが、平野らしい。


「結構、ドSでクールな役が多いんですよ。その役に選んでくださるということは、おれ自身がそういう人だと思われてるのかなって、ちょっと不安になります(笑い)。演じてる時には、もちろん楽しんでやってますよ! 白銀御行は天才だけど、恋愛に関しては初心者でヘタレなところがかわいいなって思いながら演じました」(平野・以下同)


 劇中ではお互いに好きなのに、相手から告白させるべく“恋愛頭脳戦”を繰り広げるが、平野は「自分から告りたい」と男らしくきっぱり!


「親や友達にいつ紹介しても恥ずかしくない、常識のある女性が理想です。好きなら好きって伝えたいから、御行のようにもどかしい感じにはならないと思う。人見知りだけど、好きな人になら自分から言える自信があります! 


だって、誰かにとられてしまう前に捕まえたいから。恋煩いになったことはないけど、それくらい熱中できる恋に憧れますね。一般的に男性は好きな女性を捕まえたあとは、冷めやすいっていうじゃないですか? でも、御行だったらずっと一途だと思うし、ぼくもそうありたいなと思います」


「最大の見どころは御行とかぐやの頭脳戦」と言うように、天才同士の恋愛は一筋縄ではいかず、予想外の展開に。


「普通ならハッピーエンドで終わる…と思うところで、新たなバトルになるのが2人らしくてワクワクしました。キュンキュンだけじゃなくて、切なさや笑いもふんだんに盛り込まれているので、2人が頑張っている姿を応援してもらいたいですね」


 タイトルの“告白”にちなんで、ほかでは話したことがないエピソードを1つ告白して…とリクエストしてみると…?


「最近、目を三重にするのを習得しました! 眠くなると、三重を作りやすいんですよ。通常は二重で、一重にすることもできます。でも、一重は不細工になるんで、撮影とかで変顔をしてって言われた時以外はやらないようにしてます(笑い)」


 今回演じた白銀御行との共通点について平野に聞いた。


●御行は私服センスが悪い

「(私服センスは)いいとは言い切れないなぁ」


●御行はたくさん資格を持っている

「ぼくは運転免許くらいですね〜」


●御行は料理が得意

「最近はあまりやってないけど、前はよくやってました。回鍋肉から屋台系のリンゴ飴まで作れます!」


●御行は昆虫類が大の苦手

「クワガタとかカブトムシは好き。イモムシみたいな動きが遅い系も大丈夫だけど、セミとか速い系は無理ですね」


●御行は努力型

「しなくちゃと思うけど、どちらかといえば直感型」


●御行は天体観測が好き

「ぼくも好きです」


●御行は自宅の風呂で溺れるほどのカナヅチ

「平泳ぎならどこまででも泳げます!」


●御行は運動音痴

「運動は得意です。バドミントンが一番得意」


●御行は1日10時間勉強する

「高校の時は勉強していて、全教科90点以上でした」


●御行は恋愛について百戦錬磨であると周囲から誤解されている

「『それ以上モテてどうするの?』って言われることがあるんですけど、みんな本当のぼくを知らないからなぁ。モテないんです…」


※女性セブン2019年9月19日号

NEWSポストセブン

「平野紫耀」をもっと詳しく

「平野紫耀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ