『あな番』判明した黒幕に「公式サイトの縦読み通り」の声

9月9日(月)15時1分 しらべぇ

あな番(画像は『あなたの番です』公式ツイッターのスクリーンショット)

大きな反響を呼んでいた『あなたの番です』(日本テレビ系)の最終話が8日に放送。一連の事件の黒幕が判明するとともに、「公式サイトの縦読みで犯人が明かされていた」とネット上で話題になっている。


■考察ブーム巻き起こす

都内のマンションを舞台に、「交換殺人ゲーム」を描いた本作。次々に起こる殺人事件、謎めいた展開、エッジの効きすぎた登場人物たち、随所で流れる田中圭のキャラソンなどが話題となり、ネット上では黒幕をめぐる考察が相次いでいた。


関連記事:相模原大量刺殺事件の犯人ツイートがDQNすぎると話題に

■美人女子大生・黒島が犯人

8日の最終話では、『反撃編』の主人公・手塚翔太(田中)の妻・菜奈(原田知世)を殺した犯人が、女子大生の黒島(西野七瀬)だったことが判明する。

彼女は殺人癖のある猟奇的殺人鬼で、5年前に高知県で発生した、南(田中哲司)の娘が殺される事件の犯人でもあった。

■「黒このこだよ」

犯人が黒島だったことを受け、ネット上では「縦読み」という言葉が飛び交うことに。じつはキャストコメントにて、黒島役の西野のコメントをパソコンで見て、縦に読むと「黒このこだよ」になることが、以前から話題になっていたのだ。

しかし、制作サイドが仕込んだと考えるには、いささか安易なアイデアだったこともあり、視聴者も「さすがに偶然だろう」「これも視聴者を惑わす要素だろう」と受け止める人が大半だった。

だが、蓋を開けてみると黒島オチ。縦読みが制作サイドによるなんらかのサインだったかは不明なものの、結果的に当たっていたことに、視聴者はさまざまな反応を見せている。


■今後のドラマ制作にも影響?

散々、あやしい人物たちが登場しながらも、ここ数話で一番あやしかった黒島が犯人で、最終的には猟奇的殺人鬼による犯行が多くを占めていた……という、最後になって「予想を裏切らない展開」になった印象の本作。

しかし、多くの人が翻弄されたのは言うまでもなく、作品としては大成功をおさめたのは間違いない。SNSマーケティングを重視した作品として、今後のドラマ制作にも大きな影響を与えそうだ。


・合わせて読みたい→『あなたの番です』田中圭演じる翔太のインスタに涙 「切なすぎる…」


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



しらべぇ

「縦読み」をもっと詳しく

「縦読み」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ