「あなたの良さが消えちゃってる」もう中学生に“ピン芸人”の道を勧めた、大家さんの助言とは?

9月9日(木)19時40分 TOKYO FM+

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。9月4日(土)放送のお客様は、お笑い芸人・もう中学生さん。ここでは、吉本興業の養成所NSC入学当時のエピソードを披露しました。

もう中学生さん


NSC東京7期生のお笑い芸人・もう中学生さん。2009年〜2010年にかけて「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)、「エンタの神様」(日本テレビ系)などに出演し、“段ボール芸”で一躍人気者になりました。それからしばらくテレビ出演の機会が減りましたが、2020年に再ブレイク。ドラマや舞台に出演するなど活動の幅を広げています。

TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」9月4日(土)放送ゲスト:もう中学生さん


◆「悔しい」気持ちが原動力に
学生時代からお笑いに憧れがあったもう中学生さん。「自分が芸人になるのは無理だけど、とにかくお笑いの(現場の)近くに行きたい……」という思いが強くなり、芸人を目指すのではなく、“お笑いを近くで見るため”にNSC東京に入学することに。入学後も「お笑い芸人になるつもりはなかった」と話す、もう中学生さんが当時を振り返りました。
* 
もう中学生:NSCにいるのは1年だけのつもりでした。お母さんとの約束は、「お笑いを近くで見るだけ」という約束だったので。
川島:社会見学みたいな感じね。
もう中学生:そうです。「芸人さんの生き様や汗を見たい」と思ったんです。
川島:体験する思いでNSCに入ったと。その気持ちがいつ変わったの?
もう中学生:2001年の8月30日です。
川島:そのときは、まだNSC生なんですよね? 何があったんですか?
もう中学生:東京の大井町にある(品川区の文化コミュニティ施設)「きゅりあん」で、僕にとって初となる同期生ライブがありまして。僕は当然、ライブには選ばれていなかったのですが、選ばれた10組の同期がネタを披露したんです。
川島:ほう!
もう中学生:2階から観たライブの景色を、いまだに覚えているんですけど、めちゃくちゃ悔しい気持ちになったんですよ。
川島:「あれ!? 俺、舞台に立てていない」って思ったんだ。最初に観た同期のライブは面白かったですか?
もう中学生:面白さもありましたし、同期たちがキラキラと輝いて見えたので、その悔しさもありました。
◆“段ボールネタ”の誕生秘話
川島:同期のライブで衝撃を受けて、ネタは変わりましたか?
もう中学生:そうですね。みんなは漫才もコントもとにかく上手で面白かったので、「まったく何もないところから考えてみよう」と思いました。
ちなみに当時、僕は毎日3連プリンを買うために薬局に行っていたのですが、その薬局の出口に段ボールが山積みになっているのを見たときに、「コチュジャンを食べた辛さで、段ボールで作った中華屋さんが浮いちゃう」ネタができると思ったんです。
川島:段ボールを見たときに「自分にできること」をひらめいたんやね。そこから段ボール芸で、ピンの活動をすることになったと。
もう中学生:はい。でも「やっぱり漫才がやりたい」「1人だけで活動するのは、ちょっと怖い」という思いがあったので、2002年のNSC卒業と同時に4人組のコント集団を作りました。
川島:4人組!? 4人でネタはやったことはあるの?
もう中学生:やっていました。
川島:もう中は何をしてたの?
もう中学生:僕はコントで、空を飛ぶ人を持ち上げる役でした。なので、日頃から腕を鍛えていました。
川島:ボケとかツッコミじゃなくて、黒子みたいな役なんだ。ウケないでしょう?
もう中学生:ウケたとしても、自分にはセリフがなかったので、あまり活躍ができていませんでしたね。
川島:それで(4人組を)辞めようと思ったの?
もう中学生:当時住んでいた家の大家さんがシルバーセンターに通っていたのですが、「お祭りがあるから、あなた出なさい」と言ってくださって。それで、シルバーセンターで4人組のネタをやったんですね。その日の夜は大家さんの家で夕飯を食べていたのですが、そのときに「あなた、1人になりなさい」とおっしゃってくださったんですよ。
川島:大家さんが!? なんでですか?
もう中学生:「あなたはいいところがいっぱいあるのに、それが消えちゃってる」って大家さんがおっしゃってくださって。
川島:へええ!
もう中学生:ただ、「1年かけて1人になりなさい」ともおっしゃいました。
川島:えっ。急に抜けるなってこと? なんで?
もう中学生:「売れた場合、急に抜けたら3人はあなたを恨み続ける」と。
川島:すごい大家さんですね。そして、大家さんは、もう中が売れると思っていた。そうじゃなかったら、そんなセリフは出てこないですよ。
もう中学生:そうですね。大家さんに言われてから、ちょうど1年後に解散しました。円満解散です。
▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!
本日9月11日(土)のお客様は、コロッケさんです。お楽しみに!
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月12日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

TOKYO FM+

「もう中学生」をもっと詳しく

「もう中学生」のニュース

「もう中学生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ