“ティーンのカリスマ”ダヴ・キャメロン、タピオカジュースの鏡割りで『ディセンダント3』ヒット祈願

9月10日(火)12時0分 クランクイン!

 インスタのフォロワーが3000万人以上のティーンのカリスマ、ダヴ・キャメロンとブーブー・スチュワートが9日、都内で開催された『ディセンダント3』来日記念イベント「ファンミーティング」に登壇。駆け付けたファン約1000人のファンとのフォトセッションや、タピオカジュースの鏡割りでヒット祈願を行った。 「ディズニーの人気キャラクターにもし子孫がいたら?」というアイデアから生まれたTV映画シリーズの最新作となる本作。主演のダヴは『眠れる森の美女』マレフィセントの娘マル役、ブーブーは『アラジン』ジャファーの息子ジェイ役を演じている。イベントには、父親タレント代表としてジャングルポケット、ティーンタレント代表として岡田結実、人気モデルの生見愛瑠も登壇した。

 ファンからの割れんばかりの大歓声を受け、「愛しています! ありがとうございます」と日本語で挨拶した2人。ダヴは2度目の来日になるが、「日本は大好き。皆さん優しいし、オシャレ。渋谷や原宿に行って楽しく過ごしました」といい、ブーブーも「本当に美しいところ。一番気に入ったところは、原宿のプリクラです」とニッコリ。

 また、日本のファンについてダヴは「感情的でかわいらしくて。世界中どこに行ってもここまでの歓迎ぶりはない」と感謝を述べ、母が日本人とのハーフだと言うブーブーも「皆さん親切で優しくて、素敵な方ばかり。感謝を言いたい」と満面の笑みを見せた。

 全米では視聴人数が3日間で1500万人以上を記録する大ヒットを見せているが、ダヴは「すごくハッピー」と喜び、ブーブーも「これだけの愛をいただいて、多くの人々がこの作品で学んでくれたり、歌をうたってくれたり、うれしい」とコメント。また見どころについて、ダヴは劇中にでてくるダンスを「みんなにも踊ってほしい」とアピールした。

 イベントでは、日本人ゲストと共に親になってほしいディズニーキャラクターについて語り合う一幕も。ブーブーは「ターザン」。一方、ダヴは「ティンカーベルがお母さん、アラジンがお父さん。魔法のじゅうたんでいろんなところに行けそう。東京にも行けるし」と明かし、会場も大盛り上がり。さらに抽選会も行われ、2人が選ばれたファンに直接プレゼントを渡す一幕もあった。

 『ディセンダント3』はディズニー公式エンターテイメントサービスDisney DELUXE(ディズニーデラックス)にて9月13日(金)より先行配信。

クランクイン!

「ディセンダント」をもっと詳しく

「ディセンダント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ