キアヌ・リーヴス、きゃりーぱみゅぱみゅと忍者の印! “忍者ドレス”を絶賛

9月10日(火)20時21分 クランクイン!

 俳優のキアヌ・リーヴスが10日、都内で開催された映画『ジョン・ウィック:パラベラム』来日ジャパンプレミアに、チャド・スタエルスキ監督、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅと共に出席。きゃりーから花束を受け取ったキアヌは、きゃりーを「ファンタスティック」と絶賛した。 本作は、伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ)が繰り広げる壮絶な戦いを描くシリーズ第3弾。前作のラストで、復讐の果てに裏社会の掟を破り1400万ドルの賞金をかけられたジョンは、本作で膨大な数の刺客たちとの戦いに身を投じることとなる。

 劇中曲として自身のヒット曲「にんじゃりばんばん」が使用されているきゃりーは、登場後にキアヌとスタエルスキ監督へ花束を贈呈。映画については「一足お先に映画を見させていただいたんですけども、もちろんスリルもアクションも、とってもかっこよかったんですが、今回は割と日本をモチーフにしている部分がたくさん出てくるので、そこもすごく注目して見てほしいなと思います」と見どころを語った。

 キアヌはきゃりーについて「お会いできてとても光栄です。きゃりーさんの作品なども拝見させていただいていて、とても興味深いですし、素晴らしいエンタメでありながら、哲学やハートがこもっているように感じました。ファンタスティックでした」と絶賛。スタエルスキ監督は「『ジョン・ウィック』ワールドの一部になっていただいて、どうもありがとうございますと申し上げたいです。あなたの素晴らしい作品を映画の中に使わせていただいて、スーパーハッピーです」と感謝を述べた。

 これを受けたきゃりーは「ありがとうございます! 嬉しいです!」とニッコリ。キアヌは「忍者ドレスも最高ですね!」と、きゃりーのファッションもべた褒めし、きゃりーは「今日のために、用意していただきました」と頬を緩め「お二人に今日会えて本当に光栄です」と対面の喜びを語っていた。

 イベントでは、忍者・弥圓佐助が登壇し、ヒット祈願の忍者の印をキアヌやきゃりーに伝授する一幕もあった。

 映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日より日本公開。

クランクイン!

「忍者」をもっと詳しく

「忍者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ