『テラハ』新メンバーにイタリア人漫画家&現役女子大生

9月10日(火)0時30分 オリコン

「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」15話の場面ショット(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

写真を拡大

 フジテレビとイースト・エンタテインメント制作によるNetflixの人気リアリティー・ショー『TERRACE HOUSE 2019-2020』。10日配信の第15話では新メンバーが加入し、桜美林大学4年生・水越愛華(みずこし・えみか/21)と、イタリア人のデュラト ジュゼッペ(愛称・ペッペ/26)が初登場した。ペッペは10月より『週刊スピリッツ』(小学館刊)で漫画の連載が始まるため、それまではモデルの仕事で生計を立てるという異色の経歴を持ち、メンバーたちを驚かせる。

 初訪問時のインターホン越しで「チャオ! 今日から住みますよ。よろしく!」と元気にあいさつするペッペ。高身長のイケメンで、明るくその場を和ませる陽気な雰囲気を醸し出し、さらに靴を履いたまま部屋に入ってくるという前代未聞の出来事に、戸惑うメンバーたち。気になる漫画の内容は自分を主人公とし、オタクだけどイケメン、そしてチェリーボーイなイタリア人が、日本で生活して文化の違いを主に描くというもの。男子部屋を案内してもらい、いびきの話をするなど、男子同士では会話が途切れず打ち解けた様子をみせる。

 そして仕事で不在の女子メンバー・春花を除く、5人で愛華とペッペの歓迎を兼ねて乾杯することに。ペッペが会話の中心になり、イタリア料理の話やイタリア語の話に。日本人だと笑う鉄板ネタも披露するなど、笑いが絶えない。また日本の大手出版社に電話をして、漫画を持ち込んだ過去も披露。自作の漫画に目を通してチャンスを与えてくれることに心が温かくなり、日本でやっていく決心をしたと言う。

 ペッペはテラスハウスに入居した理由として、漫画を描く理由と同じで『日本人が持つイタリア人のイメージを変えたい!』と言う。ナンパもよくすると思われているが、ペッペ自身はほとんどせず、恋愛に対してはシャイだと話した。

 対して女性3人の中では最年少となる愛華。就活を1年遅らせて秋から休学予定という彼女は、海外に行くつもりだったと言う。1年半彼氏がおらず、好きと言われるよりは追いたいため自身のことをめんどくさいタイプであると明かす。今後は女性が稼げる仕事がしたい想いを持ち、客室乗務員になりたいという夢を掲げる。さっそく予定の無い流佳と2人でプレイルームと屋上へ向かうが…。

オリコン

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ