リチャード・カーペンター、キャリア初となるソロ・ピアノ・アルバムの発売が決定!

9月10日(金)17時0分 Rooftop


カーペンターズとして、妹のカレンと共に一世を風靡した作曲/編曲/キーボード奏者、リチャード・カーペンター。累計1億2,000万枚以上のセールスを誇り、「イエスタデイ・ワンス・モア」や「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「遙かなる影」といった永遠の名曲たちで今も多くの人々に感動をもたらしている彼のニュー・アルバム『ピアノ・ソングブック』が10月22日にリリースされることが決定した。

カレンの死後、2枚のソロ・アルバムをリリースしているリチャードだが、本作は1998年の『新たなる輝き〜イエスタデイ・ワンス・モア』以来、実に23年振りとなる新作。カーペンターズの名曲の数々をリチャード自らのピアノで奏でた、キャリア初となるソロ・ピアノ・アルバムとなる。

リチャードは本作について、「小さい頃から私は音楽を演奏していただけではなく、レコードにも親しんでいました。40年代後半から50年代にかけて、当時の大きなレーベルと言えばコロンビア、ビクター、デッカでした。そして大スターだったビング・クロスビーはデッカにいたのです!そのデッカから今回の企画を聞いたとき、まず頭に浮かんだのは私の父と母のことでした。そしてこの企画は、練習嫌いだった彼らの息子への最高のプレゼントだと思ったのです。カーペンターズの曲をソロ・ピアノで表現するのは難しい挑戦でしたが、ピアノという素晴らしい楽器にも助けられ、皆さんに楽しんでいただける内容になったのではと思っています」と語っている。

アルバム発売の3日前である10月19日には、リチャード自らが初めてカーペンターズについての物語を語るというカーペンターズ初の公式認定伝記本『Carpenters: The Musical Legacy』が海外で発売されることも決定している。間もなく75歳を迎える彼が満を持してリリースする新作『ピアノ・ソングブック』も、カーペンターズの歴史を紐解いていくうえで欠かせない重要な作品となりそうだ。


Rooftop

「キャリア」をもっと詳しく

「キャリア」のニュース

「キャリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ