「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」レポ【特別編】独断と偏見のMVP&キラキラ美少女ベスト3!

9月10日(火)6時40分 週プレNEWS

10周年の今年も、200組以上のアイドルたちが全身全力のステージを見せてくれたTOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(以下、TIF)。

今回は、3日間のレポート記事の前編記事&中編記事&後編記事に続く特別編ということで、「週プレTIF大好き取材班」の5名がそれぞれのMVPグループと、3日間の取材で見つけた「キラキラ美少女ベスト3」を発表します(※あくまで個人の感想です!)。

毎年恒例の"自己満企画"ですが......(笑)、最後までお付き合いください!

* * *

★篠本634(ライター) 
著書に『AKB48ヒストリー〜研究生公式教本〜』『乃木坂46物語』(集英社)、『HKT48成長記 腐ったら、負け』(角川春樹事務所)など。『週刊プレイボーイ』本誌にてアイドルグループのグラビアを担当。

【MVPグループ】

Task have Fun × わーすた

かわいさをコトコト煮詰めるようなグループ・わーすたと、どちらかといえば少年的な内面を持つ"タスク"が、お互いのキラー曲を歌い合う。アイドルが持つ性質やストーリーを交換しながらも、見事に融合させたコラボでした。諸事情によって、当初の大きなSMILE GARDENから500名規模の会場に移った影響もあって、会場には"カワイイ濃度"が凝縮されていました。

【美少女ベスト3】

●佐々木莉佳子【アンジュルム

アンジュルムを長年支え続けた和田彩花さんが卒業し、「しっかりとしたセンターが現れないとアンジュルムは危ない」と感じていました。でも、HOT STAGEでセンターとして踊る彼女を見たとき、「大丈夫だ」と確信できました。センターに立ったときの動作はもちろん、ものすごいオーラと、自分だけではなく周りのメンバーも際立たせる不思議な力。どこを切り取っても強い。この夏、彼女を超える女のコはいませんでした。

●浜浦彩乃【こぶしファクトリー】

MVPに選びたいくらいの素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたこぶしファクトリー。個々のレベルが増し、先輩グループである℃−uteのような雰囲気が出てきていましたが、その雰囲気を作っているのは、間違いなく彼女だと思います。彼女のパフォーマンスには、"こぶし"っぽい力強さに加えて、品の高さが生まれていました。

●阿部夢梨(ゆめり)【SUPER☆GiRLS】

超王道路線に戻ってきたスパガ。その中心に立った彼女は、「漫画だとしても、ここまではなかなか描けない」というレベルのアイドルに成長していました。言うなれば"前島亜美2世"です。でも、"プロ"として「全部わかっている」という雰囲気の奥に、ナチュラルボーンな部分も少し残っていて。天然はやっぱり強いなと感じました。

★関根弘康(ライター) 
週プレを中心に活動するアイドル&鉄道ライター。本誌では多くのAKB48関連の記事を担当。主な著書に『SKE48 オフィシャルヒストリーブック まだ、夢の途中』(徳間書店)などがある。

【MVPグループ】

AKB48 TIF2019選抜

姉妹グループもいなければTeam8もいない、純粋な"本店"メンバー16人だけで、非常に優れたパフォーマンスを見せていました。山内瑞葵(みずき)や西川 怜といった若手をきちんと押し出しつつ、鉄板で盛り上がる8曲をノンストップで続けて、誰もが知っている『大声ダイヤモンド』で締めくくる。ゴリゴリに沸いているオタクを見て、「AKBって、やっぱり強いな」と感じました。

【美少女ベスト3】

●渡部愛加里(わたなべ・あかり)【HKT48】

かつての宮脇咲良&兒玉 遥や田島芽瑠&朝長美桜のように、ちびっ子たちが常に競い合って成長してきたHKT48。そんな同世代の相手がいなかった彼女は今、"移籍"した矢吹奈子の枠に入って、田中美久の対抗馬として活躍しています。センターにつくことも多く、それによって表情やパフォーマンスに自信がついてきたんでしょう。中学生世代の多い選抜メンバーで臨んだ今回のTIFでも、彼女は正直、頭ひとつ抜き出たスキルを見せていました。

●芹澤もあ【桜エビ〜ず】

STU48のあとにSMILE GARDENで見かけました。今年のTIFは猛烈に暑かったので髪を縛っているコが多かったですが、ここまでの後ろ縛りって、よっぽど顔が整っていないとできないですよ。パフォーマンスのほうも、主要なポジションで仕切っていたり、しっかりとしたダンスを見せていたり。最年少とは思えない輝きでしたね。

●甲斐心愛【STU48】

徐々に徐々にかわいさを増してきていて、今の彼女は、抜群の美少女感を持っているなと感じました。もともと子どもらしい性格で、相変わらず子どもでおバカなことをやっていたりもするんですけど、グループ内での序列もだんだんと上がってきているし、将来センターも獲れるコなんじゃないかなと感じました。

★武田敏将(カメラマン) 
さまざまなアイドルの現場に通い、その目と足で追いかける"現場派"カメラマン。「カメラを覗いていて"ホンモノ"と出会った瞬間、レンズが勝手に引き寄せられる」という名言を持つ。

【MVPグループ】

あゆみくりかまき

「観客はギチギチだけど、彼女たちの固定客はそこまで多くない」というHOT STAGEで、彼女たちは「解散ライブか!」っていうくらいの気迫を見せていました。3人で肩を組んだり、泣きそうな顔になりながら歌っていて、曲が進むたびに、本人たちの熱のが観客席の後ろのほうへ伝染して、2階のプレス席まで伝わってきて......。とにかく、ライブとしてものすごいものを見ました。

【美少女ベスト3】

●佐藤海里(かいり)【NGT48】

「復活ステージ」という、もっと泣いているメンバーがいてもおかしくない状況でしたが、誰も涙を流していないNGTメンバーの中で、彼女はあからさまに、涙を限界まで堪えていました。あくまで個人的な想像ですが、「復活できてうれしい」という一番素直な気持ちがそのまま響いてきて。望遠でこの表情を見てしまったからこそ、彼女のことを伝えたいと思いました。

●MAINA【大阪☆春夏秋冬】

彼女が「すごい」ということは誰もが知っている。僕自身も「しゅかしゅんのMAINAは、自分たちの頂点にたどり着いた」と思っていました。でも、今年の彼女は、パフォーマンス的にも人間的にも成長を見せて、その頂点をさらに超えてきた気がしたんです。アイドル界のだいぶ上のほうにいる人なのに、まだ高みにいくのか、と。そんな衝撃を受けました。

●金子なつき【メイビーME】

メインステージ争奪LIVEで優勝して迎えた、とてもポジティブな雰囲気のHOT STAGEで、誰にも負けないハジケるような笑顔を浮かべて、際立って輝いていたのが彼女でした。ひとりの女のコが夢を叶えた瞬間にしか見られない笑顔があって、そんな"内面から溢れ出るパワー"が観客に感動を与えるんだなと、撮影しながら考えさせられました。

★アオキユウ(ライター) 
週プレを中心に活動するライター。本誌とTIFのコラボ企画「ナツ☆イチッ!オーディション」などで、アイドルグループの取材を担当。

【MVPグループ】

amiinA × sora tob sakana

最終日のSKY STAGEのトリを務めたこのコラボ。それぞれのライブを終えたあとにもかかわらず『夜空を全部』『Canvas』というお互いの名曲を持ってきて、相当作り上げてきたなという印象でした。イノセンスな5人が、揃って夏の夜空を見上げるラストシーン。「ここまで美しい光景があるのか」と、最後の最後に大きな感動がありました。

【美少女ベスト3】

●hinako【lyrical school】

旧体制よりもクール方面に振ることが増えた今のリリスクにおいて、もっともアイドルらしいかわいい雰囲気を作り出しているのが彼女だと感じました。「こんなにキレイにニカッと笑うコ、ほかにいますか?」っていうくらいの完璧な笑顔。もちろんクールなリリスクも素晴らしいんですが、「真夏のTIFで見たいのは、やっぱりこういう笑顔だな」と思ってしまいました。

●鈴屋もずく【ヲルタナティヴ】

涼し気な顔のキレイさと、肌の白さ、線の細さなど、シンプルにビジュアルに惹かれてしまいました。ショートヘアでどこか影を感じる、あのちゃん的なコなのかと思いきや、「もっと盛り上がれんのか!」と叫ぶようなタイプのコで、そのギャップも面白い。別のグループを見に行ったタイミングで見かけたんですが、思わず彼女たちの出番の間、ずっと彼女だけを撮り続けていました。

●レーレ【MIGMA SHELTER】

急いで別のステージに移動しなければいけないタイミングで"ミシェル"が出てきたんですが、移動しながら遠目に見ても明らかに違うオーラを発しているのがわかって、急遽戻って撮影しました。今回、初めて彼女たちのステージを見たんですが、元ゼアゼアらしいダイナミックなパフォーマンスと、海外チックなビジュアル。衝撃でしたね。

★金髪りさ(週プレnet編集) 
今年5月まで「週プレ酒場」店員として業務に励みつつ、『週刊プレイボーイ』本誌のコラム『週プレ酒場日誌』を担当。現在は週プレ編集部勤務に。ハロー!プロジェクトが大好き。

【MVPグループ】

Berryz工房大好きスッペシャル!

プレスエリアで振り返るたび、ステージを見上げるアイドルや関係者が増えていく光景に思わずグッと来てしまいました。正直、「最後列で踊ってるコたちは、手を抜いてもバレない」っていうくらいの大人数が立つステージにもかかわらず、全員が笑顔で、全力で踊っていたのも印象的です。久しぶりに聴いた「ベリーズ最高!」のコールも、"アイドルの儚さ"を考えさせられる尊いものでした。

【美少女ベスト3】

●船木 結(むすぶ)【アンジュルム】

7月に喉の手術をしたばかりの彼女。メンバー全員が外部に向けて気合いを入れて臨んでいたでしょうTIFで、彼女は得意の歌でのアピールができない状態だったんです。でも、結ちゃんはそんな状況でも、「歌っていたんじゃないか」と錯覚するくらい一番目立っていました。カワイイアイドルもカッコいいアイドルも、おちゃらけたアイドルも全部できる。どこをとってもすごい彼女が、文句なしの1位でした。

●バウエル ジゼル愛華(あいか)【LiKE】

DREAM STAGEに向かう階段を下りながら、ひとり光っている彼女を見つけたんです。午後の日差しが強い時間帯で、常にまぶしそうな顔を浮かべていたんですけど、そんな表情でもこの完成度の高さ。スタイルもよくて、パッと見では決して中学生に見えない大人っぽさもある。別の場所で、彼女の本調子を見てみたいと思いました。

●ののこ【DEAR KISS】

正直、顔のそれぞれのパーツは「ものすごくキレイ!」というコではないかもしれません。でも、彼女が歌って踊っていると、いつの間にか目を吸い寄せられてしまうんです。表情の動きもよく、1秒1秒を大切にしたパフォーマンスを見て、「アイドルとして、もっともっと走り続けるぞ」という輝きを感じましたね。

* * *

取材班による毎年恒例の"独断と偏見"。10周年の今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。

「俺の推しを見なかったのか!?」。そう思った方はぜひ、SNSなどで自身の「#MVP」「#キラキラ美少女」をつぶやいてください。きっと、そのアイドルたちにも届くはずです。

そして、またアツい夏を迎えるために、みんなで共にアイドルを称えていきましょう! それでは、また来年!

取材・文/TIF大好き取材班 撮影/武田敏将 関根弘康 アオキユウ

週プレNEWS

「美少女」をもっと詳しく

「美少女」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ