地方ロケ3,000回! ラッシャー板前が教える「秋にオススメの特選品」

9月10日(火)20時0分 TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。9月10日(火)の生放送は、タレントのラッシャー板前さんが登場。最も過酷だった地方ロケなどを明かしました。



ラッシャーさんが経験してきた地方ロケの回数は、なんと約3,000回。長寿旅番組「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系)のリポーターを長年つとめるなど、1ヵ月のうち22日間家を空けた経験もあるそうです。「地方の人は温かい。2〜3度伺うと『おかえりなさい』と迎えてくれる。ホッとしますね」と笑顔で話します。

そんなラッシャーさんに、地方ロケで「一番大変だったロケ」、「一番素晴らしかった場所」、「秋にオススメの特選品」を教えてもらいました。

◆一番大変だったロケ
農家によると、レンコンが最も美味しい季節は冬。宮城県のレンコン畑を訪れたときの気温はマイナス8度。“お約束”は、「思わず畑にドボン」ですが、あまりの寒さにラッシャーさんは断ることにしたそうです。

しかし、リハーサルの際に、パートナーだったアナウンサーが意図せず畑に落ちてしまいます。「こうなったら私、本番もハマります!」との意気込みに気圧されてしまい、ラッシャーさんは「じゃあ俺もやるよ……」と。本番では仲良く一緒に畑へドボン。

「そのあと食べたレンコンの味がわからなかった。口の震えが止まらない。早く家に帰りたい……と訴えました」と話し、このロケで学んだことはレンコン中継は夏場のみに限る、と当時の出来事を振り返りました。

◆一番素晴らしかった場所
長野県駒ヶ根にある「千畳敷カール」。20,000年前の氷河期の氷で山が削り取られたお椀型の地形は、夏よりも豪雪の真冬がオススメだそうです。頂上まではロープウェイで行けて宿もあり、登山の必要はありません。

「流れ星がガンガン流れるんです。宿の施設もしっかりしているし、周りは静寂すぎて耳鳴りがするほど。無音の世界です。寒いなか、コップに雪とウイスキーを入れて飲むと、染み渡りますよ」としみじみと語りました。

◆秋にオススメの特選品
ラッシャーさんのオススメは、青森県の八戸前沖さば。たかみなが「青森ってリンゴのイメージでした」と驚くと、「これから海水の温度が下がると前沖さばは脂がのってどんどん太る。味は最高です」と太鼓判を押します。

オススメの食べ方は、浅めに締めたしめ鯖。「三杯酢を薄めに作り、さばいた鯖を漬け込む。1〜2時間でいいかな。『レア』で食べるともう涙が出る。焼いてもいい。脂の乗り方がよくわかります」と熱弁するラッシャーさんは、そのほかにも石川県で食べた「フグの卵巣のぬか漬け」の絶品ぶりなども話しました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

TOKYO FM+

「ロケ」をもっと詳しく

「ロケ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ