今田耕司と中山秀征、ダウンタウンとタモリ…芸能界「遺恨バトル」を大追跡

9月11日(火)5時58分 アサ芸プラス

 8月11日放送のトークバラエティ「おかべろ」(フジテレビ系)で今田耕司(52)との25年間にわたる確執を暴露したのは中山秀征(51)。2人は1993年に同局のバラエティ番組「殿様のフェロモン」でともにMCを務めていたが、今田が敵意を剥き出しにしていたため、現場のムードは最悪だったという。

「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ」

 中山が当時の心境についてこう振り返ったように、遺恨勃発後はおたがい顔を合わせることもなく、「共演NG」の関係が続いた。

 芸能評論家の竹下光氏が解説する。

「当時は今田の師匠格にあたるダウンタウンが東京進出して本格的に地盤を築き始めた頃。東京のタレントには並々ならぬ対抗心を燃やしていて、それが今田にも伝染してしまったのでしょう」

 頂点に立ってナンボの芸能界。「自分以外は敵だらけ」の競走社会に身を置けば、遺恨や確執が生まれるのは仕方ないかもしれないが…。探りを入れると、修復不能と言われる芸能男女の「遺恨バトル」のオンパレードだ。

 前出のダウンタウンとタモリ(73)も不仲説が根強い。かつてタモリが司会を務める「笑っていいとも!」の火曜レギュラーを務めていたのだが…。

松本人志(55)がテレビ番組やラジオなどで『いいとも!』について『ギャラが3万5000円だった』と暴露してしまったんです。また、当時の2人はイケイケの芸風だったため、『いいとも!』ではタモリさんとほとんど噛み合っていませんでした。4年前のグランドフィナーレで久しぶりに共演しましたが、3人のカラミはほどんどナシ。今後、同じ画面に映ることはないでしょうね」(前出・竹下氏)

 9月11日発売の「週刊アサヒ芸能」9月20日号ではお笑いタレントのみならず、売れっ子女優や大御所俳優、人気アーティスト同士の「不仲」の真相を大調査。愛憎渦巻く芸能界の人間模様を浮き彫りにしている。

アサ芸プラス

「追跡」をもっと詳しく

「追跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ