有村架純、“肝っ玉姉ちゃん役”で2年ぶり民放連ドラ主演「重圧のワケ」

9月11日(金)9時59分 アサ芸プラス

女優・有村架純が主演するドラマ「姉ちゃんの恋人」(フジテレビ系)が10月27日にスタートすることが明らかになり、大きな注目を集めている。

 このドラマは、高校3年生の時に両親を事故で亡くし、大学進学を断念し、以来ホームセンターで働きながら3人の弟を育てる主人公・桃子を有村が演じる。両親の死から9年が経ち、27歳になった桃子は、ある日、職場で恋に落ちるという、恋と家族愛の物語だ。

 今まで清純派のイメージが強かった有村が、今回は20歳、17歳、14際の弟たちを女手一つで育て上げる“肝っ玉姉ちゃん”を演じるという。

「脚本は、有村がヒロインを演じた朝ドラ『ひよっこ』(NHK)の岡田惠和氏。2人がタッグを組むのは6回目で、しかも岡田氏が脚本を手掛けた映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重監督がメガホンを取るだけに、期待が高まっています」(芸能ライター)

有村自身も「肝っ玉姉ちゃんといえば、気が強くて口が悪くてという印象がありますが、それだけではなく、お父さん、お母さん、お姉ちゃんの3役をうまく融合させて、桃子というオリジナルキャラクターにしたい」と、意気込みを語れば、岡田氏も、「有村さん演じる桃子は、よく笑い、よく怒り、よく泣いて、よく食べて飲んで、よく働きます。地に足をつけてしっかり生きる桃子を見てるだけで、なんだか心がほぐれること間違いなし」と太鼓判を押している。

 しかし、今の有村の置かれた状況は、それほど楽観的なものではないと見る声もあるというのだ。

「『ひよっこ』の人気で国民的女優の仲間入りを果たした有村は、18年には話題作『中学聖日記』(TBS系)で主演を務めましたが、全話平均視聴率6.9%と惨敗。その後は、視聴率の関係ない『そして、生きる』(WOWOW)に出演するなど、民放GP帯の連ドラには出演していません。もちろん、視聴率が取れるかどうかは女優の力だけではありませんが、今回もし視聴率が取れなかったら、有村に対する評価が変わることになるかもしれませんね」(週刊誌記者)

 国民的女優の面目躍如となる活躍を期待したい。

(窪田史朗)

アサ芸プラス

「民放連」をもっと詳しく

「民放連」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ