続々と主演食い!?MEGUMIの「胸を打つ演技」に評判は右肩上がり

9月11日(水)18時15分 アサジョ

 9月11日、ついに最終回を迎える、女優・杏主演のドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)。ここまで平均視聴率でも二桁台をキープ。ネットでは早くも、「もうすぐ最終回だけど1番好きなドラマだからロス起こりそう」など最終回を迎える前から“ロス”を嘆く声が殺到している。

 そんな中、脇を固めるキャストの中で一際注目を集めているのが、宮沢氷魚演じる伴野丈の姉で、スペイン料理屋「HolaHola」の店長・灯里役のMEGUMIである。

「灯里は、明るくておおらかな性格。宮沢演じる丈の病を知った時のMEGUMIの涙を浮かべる迫真の演技は、多くの視聴者の胸を打ちました」((エンタメ誌ライター)

 ツイッターでも「MEGUMIちゃんの演技力が素晴らしすぎて泣ける」「MEGUMIって演技力バツグンなんだけど」など、今回のドラマで彼女への評価が右肩上がり。

「MEGUMIは、9月6日から封切りとなった映画『台風家族』に、草なぎ剛演じる主人公・鈴木小鉄の妹・麗奈役で出演。映画の中ではバツイチで年下の恋人と付き合う“ビッチ”キャラを熱演しています。汚い言葉で兄弟たちを罵る姿や、若い恋人との“艶シーン”など、体を張った演技は真に迫るものがあります」(映画誌ライター)

 映画公開と同時に早速ネットで「草なぎ剛の演技力はもちろん最高なのだけどMEGUMIのリアリティさがたまらなくよかった」など、大評判となっている。

「デビュー当時のMEGUMIは巨胸がウリのグラドルでしたが、近年の女優として2012年公開の映画『ヘルタースケルター』、2013年にはNHKの大河ドラマ『八重の桜』など話題作に数多く出演。しかし最近の彼女の当たり役といえば、なんといってもバラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)でしょう」(女性誌記者)

 同番組で、MEGUMIは“ボスママ”として再現ドラマに登場。濃い目の化粧に派手な衣装で、強烈なキャラクターを熱演。ネットでも大きな話題となった。

 さらにMEGUMIは9月20日公開の映画『アイネクライネナハトムジーク』にも出演。ここでMEGUMIは、貫地谷しほり演じる美容師・美奈子の店の常連客として登場。美奈子に男性を紹介する“キーマン”的な役柄を好演している。

 元グラドル・MEGUMIはいま、艶シーンもこなせる演技派“バイプレイヤー”。今後ますます目が離せなくなりそうだ。

(窪田史朗)

アサジョ

「MEGUMI」をもっと詳しく

「MEGUMI」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ