「24×33=144」…計算ミスはなぜ起きた?その理由に共感の声「確かに間違えそう」

9月11日(土)7時0分 ラフ&ピース ニュースマガジン

9月4日(土)、サバンナ・八木がTwitterを更新。息子に筆算を教えようとしたところ、思わぬ間違い方をしてしまったようです。



筆算を教えようとしたら…


出典: @yagimasumi1974


「#算数」とのハッシュタグを添えて、とある日の息子とのエピソードを明かした八木。小学2年生の息子に勉強を教えていたそうですが、「二桁の筆算教えようとしたら間違えた」とのこと。


添えられた写真には、「24×33」を筆算で計算する様子が書かれた紙が。計算過程を見ると、二つ目の「24×3」の計算結果が右に一つズレて記載されており、最後の足し算がうまくいかなかったようです。


これに対してファンからは、「八木さん!いいのよ!人間だもの!」「パパにもっと教えてあげたい!!!って子どもちゃんが更に上を目指すから、完璧な親じゃなくていいよね」などとフォローする声のほか、「確かに間違えそう」と八木に共感する声も寄せられていました。



娘のいたずら「もう許してください。。。」


そんな親子のエピソードといえば、娘をもつライセンス・藤原の投稿も話題に。「もう許してください。。。」という一言とともに、娘からのいたずらを公開し反響を呼びました。


投稿された写真には、無数のシールで目や鼻、口をふさがれてしまった藤原の姿が。横からは小さな手が伸びており、どうやら娘の仕業だったようです。


そんな藤原家のほっこりするエピソードに、「久しぶりに写真見て大笑いしてしまいました笑笑」といった声や、「私も姪っ子に全く同じ目に合わされました(笑)」など、共感のコメントが寄せられました。



今回の八木の投稿には、ファンから「八木さんらしくて可愛い」「がんばれーお父さん」といった反応も集まっていました。

ラフ&ピース ニュースマガジン

「計算」をもっと詳しく

「計算」のニュース

「計算」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ