クイーン全201曲を徹底解説 『クイーン全曲ガイド』発売

9月11日(水)16時38分 オリコン

『クイーン全曲ガイド』表紙

写真を拡大

 クイーンが公式録音した全201曲の音源を徹底解説した書籍『クイーン全曲ガイド』が、あす12日に発売される。かつては国内でも全曲ガイド本が出版されていたが、現在は絶版となっており、資料としても価値の高い書籍となっている。

 1stアルバム『戦慄の王女』(1973年)から『メイド・イン・ヘヴン』(95年)のオリジナルアルバム15作品に収められた172曲に加え、シングルB面などアルバム未収録のスタジオ録音20曲、ライブ盤に収録されたカバー9曲を含めた全201曲を1曲ずつ解説。レコーディングでのエピソード、歌詞やサウンドの分析、プロモーションビデオの内容のほか、シングルリリース曲はジャケット写真も掲載される。

 著者は『クイーン全詩集』(シンコーミュージック刊)での曲解説やクイーン関連の寄稿、イベント企画などを手がけるクイーン研究家の石角隆行氏。リアルタイムで応援してきた世代はもちろんのこと、大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で新たにファンになった層も楽しめる内容となっている。

 9月13日には東京・南青山の月見ル君想フで著者が発売記念イベントを開催。音楽評論家で映画『ボヘミアン・ラプソディ』の字幕監修を担当した増田勇一を迎え、トークイベントが行われる。

オリコン

「クイーン」をもっと詳しく

「クイーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ