「スーパーナチュラル」最終シーズン、撮影終了へ ─ ディーン&サム役俳優ら出演者の感謝コメントまとめ

9月11日(金)13時32分 THE RIVER

Jensen Ackles ジェンセン・アクレス

2005年から15年間続いてきた人気“超常現象”ドラマスーパーナチュラルの大トリを飾るシーズン15の撮影が2020年9月10日(現地時間)をもって終了となる。これに際して、シリーズの看板を務めてきたディーン・ウィンチェスター役ジェンセン・アクレスやサム・ウィンチェスター役ジャレッド・パダレッキ、シーズン4から仲間に加わったカスティエル役ミーシャ・コリンズなどの出演者たち、そしてシリーズ生みの親エリック・クリプキら製作陣がコメントを発表。

本記事では、ファンや仲間たち、作品に向けてそれぞれが綴った想いをまとめてご紹介する。

ジェンセン・アクレス(ディーン・ウィンチェスター)

View this post on Instagram

Woke up at 6am this morning. That alarm went off with a heavy tone. Today is the final day of a 15 year journey. One that has changed my life forever. To those I have worked with on this journey and to those who have watched and supported...you will never understand my great appreciation for you. “Thank you” doesn’t cover it. There just aren’t words. I’m so grateful for these memories that I will carry with me forever. What a ride it has been. And what a run. #spnfamilyforever here are a few shots from our final days...including today. I’ll try and send more later, but in true SPN form...we are in the middle of “nowhere” and have zero service. Go figure. Stay tuned.

A post shared by Jensen Ackles (@jensenackles) on

「重々しいトーンでアラームが響き渡って、朝の6時に目覚めました。今日は15年間の旅の最後の日。僕の人生を永遠に変えてくれた作品です。一緒に歩んできた仲間たち、視聴者、そして応援してくれた人たちへ。どれだけ僕が感謝しているか伝わっているでしょうか。“ありがとう”じゃ伝えきれない。言葉以上のものです。ここでの思い出をずっと胸に、これからも生きていけることに本当に感謝しています。なんて素晴らしい日々だったんだ。“スパナチュ・ファミリーは永遠(spnfamilyforever)”。最終日の写真をこの投稿に何枚か載せますね。もっと載せようと思いますが、真の『スパナチュ』らしいやり方で。今は辺鄙な所にいて何も出来ないんです。乞うご期待。」

ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター)

View this post on Instagram

Well, here goes... I write this as I head to my last day of #Supernatural. My last day with #SamWinchester. Obviously, my head is spinning and my emotions are stratospheric, but there’s still a bit of time left on the clock. Thank y’all SO MUCH for the incredible amount of love and support that’s been headed our way, in these final hours. It’s definitely been felt. I’ll check in soon, but, for now, #WeHaveWorkToDo #spnfamily

A post shared by Jared Padalecki (@jaredpadalecki) on

「さあ、始めるか…。『スーパーナチュラル』の撮影最終日に向かいながら、これを書いてます。サム・ウィンチェスターとして最後の日。混乱しているし、感情が最高潮に達してます。けどまだ終わりまでは時間がある。これまで、素晴らしい愛と応援を本当にありがとう。これが、ここ数時間はずっと頭から離れません。本当にそう思います。またすぐに皆に報告するけど、とりあえず。」

ミーシャ・コリンズ(カスティエル)

「“ありがとう、スーパーナチュラル”。いろんな意味で僕の人生を変えてくれた。そして世界をより良い方向へ変えてくれた。戦い続けよう。」

ジム・ビーヴァー(ボビー・シンガー)

「遂にここまで。15年間僕のホームであり続けた『スーパーナチュラル』の撮影最終日です。最後の一仕事に向けて準備中。思いがこみ上げてきます。本当に。さあ、あと一回。ブチかまそう。」

フェリシア・デイ(チャーリー・ブラッドベリー)

「『スーパーナチュラル』の撮影セットにも今日でお別れ。こんな感情になんて思いもしなかった。素晴らしいキャラクターを8年間も演じられて感謝です。『スパナチュ』ファミリーは特別な存在です。」

マーク・ペルグリノ(ルシファー/ニック)

「スパナチュ・ファミリー。愛してるよ。ずっと僕がついてる。」

セバスチャン・ロッシェ(バルサザール)

「シーズン15も終わりまで来ましたね。おめでとう。この壮大な冒険の中で小さな役を演じられただけですごく嬉しいです。そしてこれからもこの関係はずっと続く。キャストたち、最高なファンへ、愛を込めて。」

ジェイク・アベル(アダム・ミリガン/ミカエル)

「疲れただろうからゆっくり休んでね。」

マーク・シェパード(クラウリー)

View this post on Instagram

To the cast, crew, writers and all my friends drawing a magnificent 15 seasons to a close.... thank you. So much of my life is entwined in this show. Sorry I couldn’t be there to say my farewells in person, but you know I love you all. KIITA. #spnfamily

A post shared by Mark Sheppard (@realmarksheppard) on

「キャスト、クルー、脚本家、そして15の素晴らしいシーズンを最後まで導いてくれた全ての友人へ。ありがとう。僕の人生はこの作品に密接に絡み合っています。個人的に別れを直接言いに行けなくて残念だけど、皆愛しているよ。」

エリック・クリプキ(クリエイター)

「これは『スーパーナチュラル』で一番最初に撮った場面。そして今日が最後。言葉以上に感謝していますし、愛してます。ただ、これで終わりじゃありません。スパナチュ・ファミリーの皆さん。故キム・マナーズ(プロデューサー)の言葉を借りて。ブチかましましょう。」

ジム・マイケルズ(プロデューサー)

「9月10日木曜日の撮影最終日なんて全然楽しみじゃないです。」


米CW局製作・放送の「スーパーナチュラル」は、ディーンとサム(ジャレッド・パダレッキ)のウィンチェスター兄弟が、アメリカ各地を旅しながら怪物や悪霊、悪魔、天使などの“超常現象”との戦いに挑むファンタジー・ホラー作品。元は映画として構想されていた本シリーズだが、2005年から15年続く長寿ドラマとなり、世界中で愛されてきた。

シーズン前半は2019年10月より米国にて放送開始されており、現在はシーズン折返しとなるエピソード14以降の放送が2020年10月8日より控えられている。最終話となる20話は11月19日に放送予定だ。

THE RIVER

「超常現象」をもっと詳しく

「超常現象」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ