高橋英樹主演「十津川警部シリーズ」最新作発表でファン歓喜の“ポイント”

9月12日(水)9時58分 アサ芸プラス

 9月9日、ついに「西村京太郎トラベルミステリー十津川警部シリーズ」(テレビ朝日系)の最新作が発表された。9月16日の「日曜プライム」で放送され、タイトルは「西村京太郎トラベルミステリー69 金沢〜東京・殺人ルート 2時間33分の罠」になるという。

 十津川警部シリーズは土曜ワイド劇場の名物シリーズとして高い人気を誇っていたが、土曜ワイド劇場が終了するのに伴い、放送のペースが落ち、2017年9月の第68作を最後になっていた。このまま消えてしまうのではないかと心配されていたため、復活にファンが喜んでいるのだ。

「主演の高橋英樹さんのブログで十津川警部シリーズ最新作の撮影だと思われる写真がしばしばアップされていました。そのため復活は、ほぼ決定的とされていたのですが、正式に発表されてファンは胸をなでおろしています」(テレビ誌ライター)

 復活だけでもファンにとっては歓喜モノだが、さらにもうひとつ喜ばせていることがある。

「高橋英樹演じる十津川警部と高田純次が演じる亀井刑事のコンビがそのままだったことです。亀井刑事は長く愛川欽也さんが演じていました。2011年の第58作から高田に代わっています。愛川さんとはタイプが違いますが、好評でした。しかも番組HPによると2人が『再始動』するとか。これはどういう意味なのか。楽しみです」(前出・テレビ誌ライター)

 今作はその“亀さん”が北陸新幹線の社内で誘拐犯に間違えられ、殺人事件に巻き込まれるという。どんなラストが待っているのか。十津川警部&亀さんの活躍に期待だ。

アサ芸プラス

「十津川警部」をもっと詳しく

「十津川警部」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ