歌手の谷山浩子、がんを告白 本人のメッセージに「頑張って」「待ってます」

9月12日(土)15時16分 grape

2020年9月12日、歌手の谷山浩子さんのウェブサイトが更新。

谷山さんが検査で乳がんと診断されたことを、所属事務所の株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスが公表しました。

1977年に『河のほとりに』でプロデビューして以来、歌手や作曲家として幅広く活躍してきた谷山さん。

『恋するニワトリ』や『まっくら森の歌』は音楽番組『みんなのうた』(NHK)で多くの人に親しまれています。

谷山さんの病気について、所属事務所はこのようにコメントを発表しました。

いつも谷山浩子を応援していただきありがとうございます。

谷山浩子は、先日行った検査で乳がんと診断され、9月から治療を開始いたしました。

そのため、2021年春ごろまでのコンサートの開催を見送らせていただきます。それ以降に関しては、今後の治療の経過を見ながら準備を進めて参ります。

谷山浩子のコンサートを楽しみにお待ちいただいている皆さま、関係者の皆さまには多大なご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません。

どうかしばらくの間、温かく見守っていただきますようお願い申し上げます。

谷山浩子オフィシャルウェブサイト ーより引用

谷山さんの身体を第一に考え、当面の間コンサートなどのイベントは行わない予定とのこと。

また、谷山さんはこのようにコメントしています。

スタッフからもお知らせしましたように、先日乳がんが判明しました。

しばらくはコンサートをお休みして治療に専念し、来年の復帰を目指したいと思ってます。

くよくよ悩むのも、「がんばるぞ!」と力みすぎるのも、病気を治すのにはよくないと聞きました。だからリラックスして前向きに、治療に臨みます。

コンサートを楽しみにしてくださっていた皆さまには、本当に申し訳ありません! もうしばらく、待っていてくださいね。

谷山浩子オフィシャルウェブサイト ーより引用

この情報は谷山さんのTwitterアカウントでも発信され、多くの人から「回復を祈っています」「ゆっくり休んでくださいね」といった声が寄せられています。

優しい歌声と楽曲で、幅広い世代の人を癒してきた谷山さん。1日でも早く回復し、再び谷山さんの歌声がステージで披露されることを祈ります。


[文・構成/grape編集部]

出典 谷山浩子オフィシャルウェブサイト

grape

「谷山浩子」をもっと詳しく

「谷山浩子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ