「PRODUCE 101 JAPAN」の超個性的な練習生たち! 初パフォーマンス映像のエンディングシーンの爆笑&かわいいアピールがクセになる[動画あり]

9月12日(木)15時37分 KPOP monster

「PRODUCE 101 JAPAN」キム・ヒチョン、大澤 駿弥(右)「PRODUCE 101 JAPAN」キム・ヒチョン、大澤 駿弥(右)

「PRODUCE 101 JAPAN」の練習生たちが見せた、超個性的なアピール方法がファンの間で話題になっている。

韓国の国民的オーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの日本版「PRODUCE 101 JAPAN」。先日、練習生101名による、番組の主題歌「ツカメ〜It’s Coming〜」のパフォーマンス映像が公開され、早くも世界中から大きな注目を集めている。

練習生たちのパワフルなダンスに称賛の声が上がる中、他の部分にも注目が集まっている。

それは、練習生たちの“自己アピール力の高さ”だ。

同パフォーマンスのエンディングでファンの視線をゲットした練習生は、番組開始後もファンの関心を集めることが多く、練習生たちにとっての重要なアピールポイントとなる。そのため、毎回多くの練習生が様々な方法で自分のアピールするのだが、今回のステージはこれまでの歴代のステージの中でも、かなり個性的で面白いアピールをする練習生が多かったのだ。

今回は、特に可愛らしくユニークなアピール方法でファンの視線をゲットし、どこかクセになると注目を集めている練習生を紹介する。

グチェレス タケル – 表情豊かにアピール

キム・ヒチョン – ちょっとヘタなウィンク

今西 正彦 – 蝶ネクタイを使ってポーズ

北岡 謙人 – 笑顔でハートマーク

秦 健豪 – 指で描くハートマーク

片上 勇士 – 顔をくしゃっとした笑顔

大澤 駿弥 – こぶしを食べちゃう?!

KPOP monster

「個性」をもっと詳しく

「個性」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ