三浦春馬、ラストシーンに反省「自分の気持ちだけにフォーカスを当てていた」

9月12日(木)10時30分 マイナビニュース

9月20日公開の映画『アイネクライネナハトムジーク』の学生お悩み相談イベントが11日、東京・西新宿の東放学園映画専門学校で行われ、三浦春馬多部未華子矢本悠馬が出席した。

人気作家・伊坂幸太郎の恋愛小説集で、51万部を売り上げたベストセラー『アイネクライネナ ハトムジーク』を実写映画化した本作。三浦春馬と多部未華子の恋を軸に、不器用ながらも愛すべき人々の思いがけないめぐり合いの連鎖を10年にわたって描く。

この日は、エンタメ業界を志す東放学園映画専門学校の学生を前に、役者として輝く人生の先輩、三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬が学生の質問に答えるというイベントを開催。三浦が「誠意を込めて僕たちが答えようと思っています」と約束しながら、「全力で聞いて回答してくれるかな?」と他の2人に問うと、矢本が「全力で回答します!」と力を込めた。多部は「そうですね」と冷静に返答しつつ、「10年前の悩みは?」という質問に「朝ドラの時は何に悩んでいたんだろう。一人暮らしを始めようとか就活どうしようとかどんな恋愛をしようとか、普通の女の子が悩んでいた悩みを抱えてました。それ以外はボーっとしてましたね」と丁寧に回答し、「芸能の仕事で大切にしていることは?」という問いにも「自分を見失わないことですかね。やりたいこと、やりたくないこと、興味が湧いてワクワクすること。全部自分次第なので、自分自身を見失わないことが一番大事だと思います」とはっきりとした口調で答えた。

三浦は、多部とは今回で3度目の共演。「いつも凛としているんですよ」と変わらぬ多部の姿勢を称賛しつつ、「この映画で教わったことがあるんです。(多部との)シーンで最後に思いを告げるんですが、特別なシーンだし気持ちをたくさん作って演じたいと思ったんですけど、今泉力哉監督から『多部さんの表情を使ってください』と言われました。自分の気持ちだけにフォーカスを当ててしまって、相手の表情や息遣いに意識が行ってなかったみたいなんです」と多部との最後のシーンに反省の弁も。続けて「それから後の仕事も、監督の言葉を忘れないように大切にしていきたいと思いました。初心に戻してくれましたね」と話していた。映画『アイネクライネナハトムジーク』は、9月20日より全国公開。

マイナビニュース

「三浦春馬」をもっと詳しく

「三浦春馬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ