美 少年、『ハイヒロ』撮影で一番反省していることとは 「大反省会」開幕

9月12日(日)0時0分 マイナビニュース

ジャニーズJr./美 少年が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(毎週土曜23:00〜)のスピンオフ作品『特撮美 少年』第7話の配信がスタートした。
『特撮美 少年』は毎週地上波の放送終了後に配信。戦隊ヒーローとして奮闘する美 少年のひと夏に密着し、初めての挑戦に全力で向き合う姿と、撮影の舞台裏を余すことなく届けてきた。第7話は「さよなら『ザ・ハイスクール ヒーローズ』、最後の大反省会 前編」と題し、放送も残りわずかとなった同作の撮影を美 少年が振り返る。
最終話のPRスポットを撮影すると聞かされ、ヒーロースーツに着替えて収録場所に向かった美 少年を待っていたのは、スーパー戦隊シリーズ大好きフリーアナウンサー・宮島咲良。6人は「撮影期間中で一番反省していること」をフリップに書いて発表していくことに。
空き時間、キャッチボールに夢中になりすぎてしまったという那須雄登からは、あるスタッフへの謝罪が。「カレー大好きキャラ」の龍平に、佐藤龍我が密かに追加していたある設定も明らかになり、爆笑を誘う。藤井直樹からは直哉の持ち道具の中のある物を何度も紛失してしまっていたこと、金指一世からはメイク道具の蓋を閉め忘れたばかりに巻き起こしてしまったある“事件”についての告白が飛び出す。浮所飛貴は特撮が大好きすぎるあまり、共演者を引かせてしまったことを話す。
そして岩崎大昇からの謝罪では、メンバー全員のある行為が問題に。果たして美 少年の6人はこの3カ月間にどんな失敗をしてきていたのか。

マイナビニュース

「美 少年」をもっと詳しく

「美 少年」のニュース

「美 少年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ