年末特番に異変!?オファー殺到「汚れたスポーツ界」のレジェンドたち

9月12日(水)16時0分 まいじつ


(C)Ushico / PIXTA(ピクスタ)



夏が終わると、早くもテレビ業界では年末特番の企画・仕込みに忙しい時期となる。


【関連】山根明・元会長がバラエティー出演決定! 「ダークひふみん」として活躍の予感 ほか


「現時点で、特別ゲストとしてブッキングしたい人気ナンバーワンは、何と日本ボクシング連盟前会長の山根明氏だというから驚きです。他にも不祥事続きのスポーツ界から続々、名前が挙がっています」(テレビ制作会社関係者)


年末特番では1年を振り返る企画が放送されることが多く、その年を代表する人物は引っ張りだこだ。それが今年は山根前会長だという。


「今年、山根会長以上にインパクトを残した人はいません。山根会長を取り上げたワイドショーは各番組とも高視聴率で、出演するだけで5%は上昇するといわれています。すでに芸能事務所が接触しているようですし、テレビ局も複数の番組がオファーを出しています。日本テレビが大みそかに放送する『ガキの使い』は、熱心に声を掛けていると聞いています」(テレビ雑誌編集者)


2018年は間違いなく、アマチュアスポーツ界がワイドショーの主役だった。レスリング、アメリカンフットボール、ボクシング、バスケットボール、体操と次々に不祥事を起こし、2020年の東京五輪を前に日本中があきれて…いや、大きな心配をしている。



今年はナイスキャラ豊漁の年


「山根前会長だけではなく、日大アメフト部の内田正人前監督や日本体操協会の塚原夫妻など、多くの“スター”が生まれました。某キー局は、山根前会長、内田前監督、塚原夫婦、レスリングの栄和人至学館大学レスリング部前監督、ジャカルタで売春したバスケットボール選手などを集めた討論番組を企画しているようです。テーマは『日本のスポーツ界をよくするためには?』というもの。もしこれだけの“大物”が勢ぞろいしたら、NHKの紅白歌合戦も敵ではないかもしれません」(前出の制作会社関係者)


『ANZEN漫才』のみやぞんなど、実際はブレークを成し遂げたお笑い芸人が多くブッキングされることになりそうな年末だが、今年に限っては、スポーツ界の強烈なキャラクターの持ち主たちには到底かないそうもない。


果たして“夢のキャスティング”を実現させるのはどのテレビ局になるだろうか。



まいじつ

「レジェンド」をもっと詳しく

「レジェンド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ