ゲーム好き本田翼、TGS2019の顔に アプリ全盛時代も「家庭用ゲーム機の面白さを」

9月12日(木)10時36分 オリコン

“TGS2019”の顔に喜びの笑顔を見せる本田翼 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 女優の本田翼が12日、千葉・幕張メッセで開幕した『東京ゲームショウ2019』(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)のオープニングセレモニーに参加。TGS2019のオフィシャルサポーターとして華を添えた。

 本田はゲーム実況のYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』を開設し、チャンネル登録者数は110万人を越えている。ゲーム愛にあふれる本田は、初めてTGSに訪れ「ワクワクするブースがたくさんありました」とにっこり。オフィシャルサポーターのオファーが来たときを振り返ると「東京ゲームショウの印象はゲーム業界最大規模の祭典というイメージ。その方々に呼んでいただけて、すごくうれしかったです」と幸せそうな笑顔を見せた。

 YouTubeチャンネル開設のきっかけは「コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)への貢献をしたかった。今はアプリゲームが人気だが、もともと家庭用のゲーム機がすごく好きだったから、その面白さを忘れてほしくないと思って」と真意を説明。ゲーム実況はラジオ番組の経験が生きているそうで「ラジオって8秒の無言は放送事故と言われている。それで鍛えられている」と明かしたが、「友だちから『よくしゃべりながらゲームするね』と昔から言われていた。そんなに苦じゃなく、楽しんでやっております」と気恥ずかしそうに語った。

 現在は6日に発売となったばかりの『モンスターハンターワールド:アイスボーン』をプレイ中。「めちゃくちゃ楽しいです! 新モーションのクラッチクローだったり、新しいハンターランクの開放もあった。昔やってたG級みたいなものがマスターランク。それが胸アツというか、楽しいです」とマシンガントーク。モンハンあるあるとして「宝玉が出ないんです…」と“物欲センサー”に引っかかっているそうで「でも、そこが好きです」と熱弁したが、あまりに熱くなり過ぎたため「カプコンの人みたい」とキュートに照れていた。

オリコン

「本田翼」をもっと詳しく

「本田翼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ