小林麻耶の夫は元ダンサーで宇宙ヨガを駆使する整体師

9月12日(水)16時0分 NEWSポストセブン

結婚発表直後の午前4時台、自宅付近を散歩するふたり

写真を拡大

《彼の実家は関東にあります。ご挨拶に行くなどと誤解を招く発言をしてしまったことで皆様に心配していただくことになり、申し訳ありませんでした》


 9月7日、自身のブログで「夫の実家」について明かした小林麻耶(39才)。過去に夫の出身地が北海道だと思わせる発言をしたことで、9月6日に発生した北海道胆振東部地震の被害を心配する声がブログに多く寄せられたため、訂正と謝罪をすることになった。


 7月24日に結婚して以来、麻耶が夫のプライバシーに触れるのは極めて異例だ。ブログでは、夫に料理をふるまう様子を綴るなどおのろけムード満載だが、肝心の夫の人となりについては、「一般の人」との理由で一切明かされていない。


 一部メディアでは、「優良企業に勤める真面目な会社員」「市川海老蔵(40才)の母親が紹介した」などと報じられたが、麻耶の夫を知る人は首を傾げる。


「彼はヒーリング整体師で、ヨガのインストラクターもしています。都内のパーソナルジムのほかにも、全国に出張して施術を行っており、その道では名を知られたカリスマ整体師です」


 こう語るのは、Kさん(35才)の知人だ。Kさんこそ、麻耶の夫である。


「Kさんは、整体師になる前はもともとアーティストのバックダンサーをしていて、今でもミュージカルに出演することもあります。さわやか系のイケメンで、彼の施術を受けて、ファンになる女性は少なくありません」(前出・Kさんの知人)



 誰もが知る著名人の麻耶と結婚しただけでなく、Kさんは単なる「一般の人」とはいえないようだ。カリスマ整体師として活躍し、芸能活動の経験もある。麻耶が結婚を発表してからは、ブログやフェイスブックなどはすべて削除されているが、インターネット上での活動は盛んだった。


 それではなぜ、麻耶は夫の素性をひた隠すのか。Kさんが本当はどういった人物なのか。麻耶とKさんが出会ったのは、彼女がかねてから傾倒していた“子宮系”カウンセラーグループのイベントだった。


「“子宮系”とは、『子宮を大切にすれば、すべてが好転する』と公言するグループのこと。精神的に不安定だった時期に麻耶さんは、子宮系のカウンセラーに出会い、その教えに共感してイベントやセミナーに参加するようになった。約2年ほど前、その交流の場で知り合ったのが、Kさんでした。当時、妹の麻央さん(享年34)の看病で疲弊していた麻耶さんは、Kさんのセラピーを受けることで心身共に癒された。それでふたりの関係が急接近したようです」(麻耶の知人)


 ふたりを結びつけたのは、「スピリチュアル」への関心だった。麻耶は幼いころから占いに興味があり、休業中に数秘術占いの資格を取得したほどだ。


「KさんはSNSのプロフィール欄で、“高校生くらいから金縛りによく遭うようになり、親戚に除霊してもらって痛みが取れる”“ヨガのインストラクターの資格を取ってから急激にいろいろな不思議体験を繰り返し、不思議な方法でカラダを調整できるようになる”と明かしていました。20代のころに肩痛や椎間板ヘルニアなど体の不調を繰り返し、それを治療する過程で人知を超えた力に目覚めたそうです。Kさんの施術するヨガは、宇宙のパワーとリンクするとの触れ込みで“宇宙ヨガ”と呼ばれています」(Kさんの友人)



 交際が始まったのは今年に入ってからだという。


「ふたりは誕生日が共に7月で、“入籍は7月”と決めていたそうです。交際期間は半年にも満たないですが、ヨガの施術を通して麻耶さんは彼に心と体を委ねていたこともあってか、深い仲になるまで時間はかからなかった」(前出・Kさんの知人)


※女性セブン2018年9月27日号

NEWSポストセブン

「小林麻耶」をもっと詳しく

「小林麻耶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ