千葉停電、「不謹慎厨」が今回も登場 内閣改造も批判される

9月12日(木)16時0分 NEWSポストセブン

安倍改造内閣も不謹慎?(写真/共同通信社)

写真を拡大

 映画『台風家族』が9月6日に公開された。同作は強制性交罪で起訴された新井浩文が出演していたため、公開が延期されていた。公開の時期は、9月8日から9日にかけての台風15号の関東直撃のタイミングと重なった。


 千葉県内の多くの場所で停電が12日現在も続き、多くの人が苦しい生活を強いられているが、そんな被災者が出ている時期だからこそ、ネット上にはわずかながら「不謹慎」という指摘が出ている。この言葉は映画に対する意見や、この映画を観に行ったことを報告する人によるエクスキューズの意味合いでも使われている。


 大きな災害が発生した場合、何か楽しいことをやったり、その災害を想起させるような表現がテレビや映画などで出ると「不謹慎」とネット上などで非難されることが2011年の東日本大震災以降続いている。


 今回も千葉県内の養護学校(停電していないエリア)の生徒が水遊びをしていたところ、千葉市に「不謹慎」という指摘が入ったと言う。熊谷俊人千葉市長はツイッターで「確かに千葉市内を始め、県内が停電・断水な中、不謹慎と思う方もいるかもしれませんが、自粛しても意味がありません。心を寄せて頂いた上で、自粛はご遠慮下さい」と呼びかけた。


 また、千葉県には東京ディズニーリゾートがあるなど、人気のレジャースポットも多数ある。そうした場所に遊びに行く人も「楽しみに行くのが不謹慎に思える」といった自己反省的なツイートも見られた。千葉県北部へ釣りに行くとツイートしていた人もその行為が不謹慎なのでは、と述べていた。


 こうした人は別だが、何かがあれば「不謹慎だ!」と批判する人のことは「不謹慎厨」(ふきんしんちゅう)と呼ばれる。東日本大震災の時は、高級なワインを飲んだことをツイートした人物が叩かれた。熊本地震の時はさらに過激化し、芸能人が笑顔の写真をインスタグラムに公開しただけで「不謹慎」扱いされるほどだった。


 さらには今回の台風を受けて「不謹慎」扱いされているのが現政権だ。その批判の論調としては「こんな大変な時期に内閣改造をするなんて不謹慎」というものである。さらには笑顔で写真を撮影することが批判されたり、大臣就任のお祝いの花を買うカネがあるのならば被災地に水を送るべきだといった意見も。また、内閣改造関連の話題がテレビで取り上げられ過ぎているため、災害関連の報道が少ない、という指摘もある。これらに対しては「前から決まっていた」や「政治空白を空けるわけにはいかない」といった反論も書き込まれている。


 今回も一連の「不謹慎」の指摘→それに対する反論、といった被災当事者置いてきぼりの論戦が各所で展開されている。

NEWSポストセブン

「千葉」をもっと詳しく

「千葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ