美輪明宏 脳梗塞で入院 軽症も公演中止に

9月12日(木)5時48分 スポーツニッポン

美輪明宏

写真を拡大

 歌手で俳優の美輪明宏(84)が11日、軽い脳梗塞と診断を受け、都内の病院に入院した。東京・池袋の東京芸術劇場で7日から上演中だった「美輪明宏の世界〜愛の話とシャンソンと〜」は12日から千秋楽の23日までの公演が中止となった。

 11日は休演日で、NHK「ごごナマ」に午後2時まで約10分間のトークコーナーに生出演。普段と変わらない様子で「精神の食料は文化」などと持論を語っていた。

 関係者によると、NHKから帰宅後、気分が悪くなり、病院で検査を受けたところ、2週間の入院治療が必要と診断され同日中に入院した。状態については「言葉も交わせるし、歩ける」(関係者)という。10月以降、名古屋市、群馬県高崎市、福岡市、大阪市で予定されている公演について、関係者は「体調を見て判断する」としている。

スポーツニッポン

「美輪明宏」をもっと詳しく

「美輪明宏」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ