夏菜、今でも「ハマると8時間くらい」 ゲーム漬けの日々を告白

9月12日(木)13時31分 しらべぇ

夏菜(東京ゲームショウ2019 ドコモブースオープニングイベントにて撮影)

9月12日より千葉・幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2019」。その中の『ドコモブースオープニングイベント』にタレントの夏菜が登場し、ゲームへの愛を語った。


■今でも8時間くらい…

ゲーム好きで知られる夏菜は「今日で3回目なんですが、子供の時の気持ちを思い出すというか、ワクワクした気持ちになりますね」と微笑み、「いろんなゲームを一足早く体験できたり、見られたりする。どのゲームに目をつけるか、先見の明を磨くのが楽しくて。今日はせっかくなので、あっちもこっちも回りたい!」と宣言。

夏菜(東京ゲームショウ2019 ドコモブースオープニングイベントにて撮影)

一時期は「1日20時間」ゲームをしていた夏菜。「ガンツと朝ドラの間くらいの時期に…暇だったんでしょうね。PCゲームにどハマりしてしまいまして、寝るのもご飯もパソコンの前って生活を1年弱やってました」と苦笑いし、「その当時はMMO系にハマってることが多かったですね。チャットもできるし永遠にやっちゃうんですよね…朝になっちゃって。第2の世界、第2の人生って感じですごい楽しかったです」と振り返る。

ちなみに今でも、「ハマる時期だと7〜8時間、そうじゃなければ1時間くらい」は毎日ゲームをしているとか。


関連記事:【東京ゲームショウ】こんなものまで!?配布物が豪華すぎ!

■「下手くそ!」

今はYouTubeでゲーム配信もしており、「配信ではレトロゲームをやってます。ゲームの原点をたどるじゃないですけど…今更やってみると難しいですね。タイムラグとか結構あったりして」と話す。

夏菜(東京ゲームショウ2019 ドコモブースオープニングイベントにて撮影)

コメントでは「だいたい『下手くそ!』って言われることが多い」と笑うが、「懐かしいっていってくださる人も多いですし、もっと色々なゲーム見てみたいっていってくれる人もいる。得意ジャンルで実況とかもやってみようかなって思ってます」と明かす。


■あの頃にあったら…

ドコモブースでは、5Gを活用したeスポーツ大会やAR観戦イベントを開催。

夏菜(東京ゲームショウ2019 ドコモブースオープニングイベントにて撮影)

4Gから5Gになることで、さらにゲームのロード時間が短くなると聞き「ご飯作る暇がないですね。今まではダウンロードしている間に作って食べてとか、床掃除する時間があったんですが…それがなくなったら家ぐっちゃぐちゃですね、嬉しい悩みですけど」と新しい技術に期待する。

さらに「(20時間ゲームをしていた頃は)次のステージに移動する時の時間が長かったんで、今だったらもっとキャラクター強くできたんじゃないかな。あの時代に欲しかったですね…本当に廃人になってたかもしれないから、なくてよかったかな」と笑った。


・合わせて読みたい→シンガーソングライター深沢セレナ 初めてのグラビアは「すごく緊張しました」


(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ



しらべぇ

「夏菜」をもっと詳しく

「夏菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ