不倫相手と旦那が離婚をかけてボクシング対決 “トンデモ展開”に物議

9月12日(木)15時1分 しらべぇ

『偽装不倫』

女優の杏が主演を務めるドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)。11日に放送された最終話は、姉の不倫相手VS旦那のファイトからはじまり、各カップルがそれぞれの結末を迎えた。その怒涛の展開にSNSでは賛否の声が飛び交っている。


■記憶を失った恋人のために

手術が成功し、無事スペインから帰国した丈(宮沢氷魚)は短期の記憶障害のため、鐘子と過ごした日々をすべて忘れていた。残酷な現実にショックを受けながらも、丈を好きだという気持ちを諦められない鐘子は、彼の家に通い思い出話に花を咲かせる。

しかし、丈はプレゼントした指輪のことすら「覚えてない」と冷たく突き放す。


関連記事:不倫相手と夫を天秤にかけ… 「妻の裏切り」に夫は予想外の行動に

■不倫相手VS旦那

離婚を申し出たことにより、家庭内別居が続く葉子(仲間由紀恵)と賢治(谷原章介)が久しぶりに言葉を交わしていた。賢治が不倫相手の風太(瀬戸利樹)と勝負をすると申し出たのがきっかけだ。

プロのボクサーと素人、勝敗は目に見えている上に危険を伴うため、葉子は必死に阻止しようとするが、賢治は聞く耳を持たない。それどころか、自身が風太に負けたら離婚を承諾すると言い出す。思わぬ展開に驚愕する葉子と鐘子だったが、どうやら賢治は本気だ。その上、風太もこの勝負を受けたと聞かされる。

■勝敗の行方は…

試合当日、グローブをはめた賢治と風太は神妙な顔つきでリングに立っていた。素人なりに必死で風太に食らいつく賢治に、いつもの優しい表情は見えない。風太は自分から攻撃せまいと、賢治のパンチをひたすらに避けていく。

しかし、賢治が本気であることを悟った風太は、とどめの一撃を食らわせる。倒れ込んだ賢治は、憑き物が落ちたように微笑み、葉子との離婚を決意する。


■ついに来る別れの時

はじめはお互いを条件でしか見ていなかった夫婦だとしても、賢治に愛情がまったくないといえば嘘になるだろう。葉子は彼に感謝の言葉を告げ、結婚生活に幕を閉じた。

両親には「後悔しても遅い」とくぎを刺されたが、「自分で選んだことだから」と力強くうなずく。そして、風太と共に暮らすため、思い出の詰まった二世帯住宅を去るのであった。

■幸せになるために「嘘」をやめる

鐘子のことをまったく覚えていないのは嘘なのではないかと、自身の姉・灯里に問い詰められた丈。以前、まさ子(田中道子)に「鐘子は新しい恋を見つけた」と告げられた丈は、彼女の幸せを願ってわざと記憶喪失のフリをしていたのだ。

まさ子との会話で丈の「嘘」を知った鐘子は、東京を去ろうとする彼を空港まで追いかける。自身の想いを必死でぶつける鐘子に、「僕の幸せも鐘子さんといることだよ」と応える丈。二人はもう離れないと言わんばかりに抱き合い、丈は再び指輪を鐘子の指にはめるのであった。


■ツッコミどころ満載な結末に賛否

文字通りハッピーエンドとなったが、終盤に突然新キャラが出たことによって駆け足の印象がぬぐえなかった本作。SNSでは、「よかった」「おめでとう!」といった歓声の他に、様々な突っ込みが寄せられている。

とはいえ、「不倫」というワードや、谷原の恐ろしい演技を存分に楽しんだファンも多かったことだろう。

《これまでに配信した『偽装不倫』記事一覧はこちら》


・合わせて読みたい→妻の不倫に気付いた夫 旅行とデートがかぶった妻はまさかの行動に…?


(文/しらべぇ編集部・AKO



しらべぇ

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ