「スパイダーマン」コミックが約4億円で落札、オークション史上最高額

9月12日(日)12時0分 THE RIVER

マーベル・コミック屈指の人気ヒーロー・スパイダーマンのコミックが、オークションにおけるコミック史上最高額で落札された。

落札されたのは、スパイダーマン/ピーター・パーカーの初登場回である、1962年刊行の「アメイジング・ファンタジー(Amazing Fantasy)」15号。米国の大手オークションハウス・Heritage Auctionsが2021年9月9日(米国時間)に開催したオークションにおいて360万ドル(約3.96億円※1ドル109.93円換算)にて落札された。

コミックの状態を格付けするCGCは、このたび落札された商品を、“製造や取扱上の小さな傷はいくつか認められるが、非常に保存状態が良い”とする9.6点と判定。同じ点数の「アメイジング・ファンタジー」15号は世界に4冊しか存在せず、この上の段階にあたる、“わずかな傷はあるがほぼ完璧な状態”である9.8点の商品は存在しない。すなわち、落札されたのは世界最高クオリティの商品ということだ。

これ以前、オークション史上最高の落札額を記録していたコミックは、スーパーマンが初登場した「アクション・コミックス(Action Comics)」第1号の325万ドル(約3.57億円※換算同上)。こちらも2021年の落札記録である。コロナ禍ではコミックの落札額が急激に高騰する現象が起きており、重要な作品には落札額が2019年の2倍になった商品もあるとのこと。今回落札されたものと同じ「アメイジング・ファンタジー」第15号の過去最高落札額は、2020年3月の79万5,000ドル(約8,739万円※換算同上)。CGCの判定は9.4点と商品状態に違いはあるが、4倍もの価格差とあって、価格の高騰ぶりに目を見張る。

落札額の記録更新にあたり、Heritage Auctionsのロン・アレン氏は以下のコメントを発表した。

「マーベルで最も愛されているキャラクター、スパイダーマンのデビュー作の記録を破るコミックは何でしょうか? 『アメイジング・ファンタジー』15号は、次世代の『アクション・コミックス』1号、あるいは『ディテクティブ・コミックス』27号(バットマンの初登場回)です。史上最も重要なコミックの流通史に加われたことを誇りに思います。Heritageにおける20年間において、史上最高額のコミックを販売できたことは私のキャリアの頂点です。」

現在、スパイダーマンはマーベル・シネマティック・ユニバースの中心的存在として人気を高めており、映画最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編は公開後24時間の再生回数記録を更新。“世界一の人気ヒーロー”としての実力を数字で証明しているだけに、Heritage Auctionsは「アメイジング・ファンタジー」第15号が落札額の歴代記録を更新したことについても「驚くことではない」と記している。

Sources: Heritage Auctions, The Hollywood Reporter, CGC


THE RIVER

「コミック」をもっと詳しく

「コミック」のニュース

「コミック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ