大物を輩出したロフト 坂本龍一は当初から”教授”の呼び名

9月13日(日)16時5分 NEWSポストセブン

80年代初頭、新宿駅西口、小滝橋通りにあった新宿ロフト前で入場を待つファンたち(写真/ロフトプロジェクト提供)

写真を拡大

「まさか、うちで……!?」。今年3月、「LOFT HEAVEN」(東京・渋谷)で、コロナ感染者発生の報を聞いた、ライブハウス「ロフト」創始者の平野悠さんは呆然とした。まだ緊急事態宣言は発令されておらず、入場観客数を半分にし、消毒などの予防措置を取った上でのライブ開催だったが、出演者はじめ、観客、スタッフが新型コロナウイルスに感染していた。ここでの感染を引き金に、ライブハウスという存在自体が集中砲火を浴びた。


「コロナがなければ、ライブハウスはもっとおもしろいことになっていたと思うんだよね」(平野さん・以下同)


 レコード会社が不振の昨今、CDの印税やプロモーション料が見込めなくなった多くのミュージシャンが活動の場をライブハウスに求め、ここ3年ほどは盛り上がりを見せていたという。


「『ロフト』も新規店舗をガンガン増やして、全国で計12店舗展開していたんです。来年の50周年に向かって絶好調だったのに、今回のコロナで木っ端みじんですよ。僕の頭もぶっ飛んだよね」


 1970年代初頭、東京・世田谷でジャズ喫茶「烏山ロフト」を営んでいた平野さんは、1973年に東京初のロックのライブハウス「西荻窪ロフト」を開業した。といっても、その頃はまだ“ライブハウス”という言葉すら存在していなかった。


「当時はロック界の大御所・内田裕也さんが『日本のロックも世界に通用するよう英語で歌うべきだ』と主張してたんですよ。そこへ、『日本語でロックをやったっていいじゃん!』と立ち上がったのが、“日本語ロックの草分け”『はっぴいえんど』(細野晴臣、大滝詠一、鈴木茂、松本隆)でした」


「ロック=英語」の呪縛から解放され、彼らに影響を受けたミュージシャンが次々と現れた。しかし、曲や演奏を発表できる場がない。「じゃ、僕が作っちゃうか……と」。そして、西荻窪ロフトが産声を上げた。


「音響も照明もマイクの立て方も知らないまま、とにかくステージを作った。楽屋はなし、トイレは客と共用、ギャラもほとんど出なかったけれど、文句言うヤツはいなかった。みんな演奏できるだけで喜んでいたよね」


 だが、無名ミュージシャンのライブは人が入るわけもなく、赤字はふくらむばかり。平野さんは「ライブは儲からないもの」と割り切り、昼はロック喫茶、深夜はロック居酒屋の二毛作でライブの損失を補填する日々が続く。


 この後、平野さんは「荻窪ロフト」「下北沢ロフト」を続々開業。山下達郎率いるシュガー・ベイブや浜田省吾、荒井(松任谷)由実、大滝詠一、RCサクセション、矢野顕子、サザンオールスターズなど、のちに日本のロック、ニューミュージックを牽引する原石たちがロフトという“磁場”に次々と引き寄せられていった。坂本龍一は烏山ロフト時代からの常連で、すでに“教授”と呼ばれていた。


「もとはクラシックの人だけど、ウチでフォークやロックの人々と交流し、影響を受けたと思う。細野(晴臣)さんともここで出会っています。とにかく女性客にモテた」


 山下達郎は、自身の原点はライブハウスにあるとの矜恃をもつ希有なスターだ。2019年にも新宿ロフトでアコースティックライブを行い、ロフトとの縁は深い。


「彼は昔からずっとアカペラにこだわっていて、いまでも肉声が届く範囲の会場でしかライブをやらない。いまでも、その声量はすごいもんですよ」


 新宿ロフト20周年記念で出版された『Rock is LOFT』(1997年)で山下は、「平野氏は、ミュージシャンのチャージをピンハネせず、採算はあくまで飲食営業でまかなうという画期的な発想の持ち主だった。駆け出しのバンドに最低動員保証をさせるいまの多くの似非ライブハウスの現状を見るとき、私たちは実に幸運だったと言う外はない」というコメントを寄せている。


 余談だが、竹内まりやは、ロフト・レーベルで制作した「ロフト・セッションズ」というアルバムに、ボーカリストの1人として参加している。


「(山下)達郎さんがレコーディングを見に来てたし、キューピッドはロフトと言ってもいいかな」と平野さんはいたずらっぽく笑った。


 ※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

NEWSポストセブン

「ロフト」をもっと詳しく

「ロフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ