『パンツァードラグーン:リメイク』発売元がPC版およびPS4版の近日中リリースを告知。Nintendo Switch版を発売中のアーケードSTG

9月14日(月)17時6分 電ファミニコゲーマー

 ポーランドに拠点を置くパブリッシャー(販売元)のForever Entertainmentは、Nintendo Switch向けに発売中『パンツァードラグーン:リメイク』について、作品の公式Twitterアカウントを通して近日中にPC(SteamGOG.com)版とPlayStation 4版をリリース予定であると発表した。

 『パンツァードラグーン:リメイク』は、1995年にリリースされたセガサターン向けの3Dシューティングゲーム『パンツァードラグーン』をリメイクした作品だ。本作は、水没都市から複雑な地下遺跡まで、7つのステージを駆け巡るアーケードシューティングゲーム。各ステージには原生生物や古代無人兵器、空中戦艦とともに現れるプロトタイプドラゴンが敵として現れ、周囲360度の全方位から襲撃を受けるスリルやロックオン射撃で敵を倒す気持ちよさを特徴としている。

 開発はセガからライセンスを受けたMegaPixel Studioが担当しており、2020年4月にNintendo Switch版を発売している。なお、国内開発スタジオであるワイルドマンおよび、2021年に発売予定のVRヘッドセット専用ソフト『パンツァードラグーン Voyage Record』と本作およびMegaPixel StudioとForever Entertainmentに関連性はない。

(画像はマイニンテンドーストア『パンツァードラグーン:リメイク』より)

 発売時期の詳細や国内PlayStation 4へ向けた販売の是非については執筆時点で発表されていない。興味があれば『パンツァードラグーン:リメイク』の公式TwitterアカウントやSteamのストアページをフォローして続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

『パンツァードラグーン:リメイク』の公式サイトはこちら『パンツァードラグーン:リメイク』の公式TwitterアカウントはこちらSteam版『パンツァードラグーン:リメイク』のストアページはこちらGOG版『パンツァードラグーン:リメイク』のストアページはこちら
ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ