『ホークアイ』11・24日米同時配信決定 神級の弓技アクション満載の予告編公開

9月13日(月)23時6分 マイナビニュース

マーベル・スタジオが贈るオリジナルドラマシリーズ最新作『ホークアイ』が11月24日17時よりディズニー公式動画配信サービス・Disney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信されることが決定。予告編とキービジュアルが13日、公開された。
本作は、“アベンジャーズ”のオリジナル・メンバーの物語が描かれる初めてのドラマシリーズで、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)後のホークアイの新たな物語が明かされる。
ホークアイ=クリント・バートン(演:ジェレミー・レナー)は、『アベンジャーズ』(12)や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(15)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)、そして「エンドゲーム」で、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーらとともに、スーパーパワーこそ持たないが神級の弓技を武器に数々の戦いに挑んできたアベンジャーズ創設メンバーのひとり。一方で、妻と子を愛する“ごく普通の父親”の一面も持つ。
「エイジ・オブ・ウルトロン」では家族への想いを胸に敵へ挑みながら、戦うことに迷うワンダを導くなど、常に家族と仲間の両方に寄り添ってきた、冷静かつアツい男。「エンドゲーム」では、最凶ヴィラン・サノスの“指パッチン”により愛する家族が消失したショックで闇落ちし、“ローニン”として悪党を抹殺する日々だったが、日本で真田広之演じるヤクザと戦ったあと、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフの説得で“アベンジャーズ”に復帰、サノスとの最終決戦へと挑んだ。
そして本作は、「エンドゲーム」で大切な仲間を失いつつも勝利を手にした後の物語。来たるクリスマスを家族で過ごす約束をするなど、ようやく幸せで平穏な日々を手にしたホークアイ…と思いきや、ある日、“ローニン”時代の自身にもかかわる大事件が起きてしまい、戦いに巻き込まれていくことに。
クリスマスムードに満ちたハッピーな音楽に包まれた今回の予告編では、世間が明るく盛り上がる中、愛する家族にクリスマスには戻ると約束しながら、次々にトラブルに巻き込まれていくホークアイの姿が描かれる。そして、自信家だけど弓の腕は確かな、ホークアイに憧れ、アベンジャーズになりたいケイト・ビショップも登場。若さとやる気に溢れ、自分と対照的なケイトに戸惑うホークアイなど、ユーモアあふれるシーンも描かれつつ、2人の弓使いが神級の腕前で魅せるアクションが怒涛の勢いで映し出される。
凸凹コンビながら、事件解決に向けて謎の敵に挑んでいくホークアイとケイト。世の中がホリデームードに染まり、クリスマスまで残された日にちはあとわずか…果たして、ホークアイは次々に襲い来る敵を切り抜け、クリスマスまで生き残ることができるか。そして家族との約束を果たすことはできるのか。
(C) 2021 Marvel

マイナビニュース

「日米」をもっと詳しく

「日米」のニュース

「日米」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ