GRANRODEO・e-ZUKA「最初はすごく古臭く感じて…」“ザ・ローリング・ストーンズ”のサウンドを熱く語る!

9月14日(火)19時0分 TOKYO FM+

結成15周年を迎えたロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。9月7日(火)の放送は、8月24日(火)に永眠したドラマー・チャーリー・ワッツを偲んで、2人がザ・ローリング・ストーンズの魅力を改めて語り合いました。

(左から)KISHOW 、e-ZUKA


8月24日(火)にザ・ローリング・ストーンズのオリジナルメンバーであるドラマー、チャーリー・ワッツが永眠しました。ストーンズファンのみならず、世界中の音楽ファンに衝撃が走りました。
e-ZUKA:ストーンズは、僕にとってもちょっと古いバンド。もちろん、ずっと現役でいたから新譜もずっと出ていたのですが。僕が最初に意識して聴いたのは、多分「(I Can't Get No) Satisfaction」だったと思います。
KISHOW:あ、そうか。
e-ZUKA:でも、この曲を聴いたときは“古くせぇな”と思った。(ギターでイントロを弾いて)この音が「ファズ」っていうエフェクターで、ファズって汚い音がするんですよ。でもその時期って僕は、キッス(のほうが好き)だったじゃないですか(笑)。小4ぐらいのときね。
KISHOW:一番キッス(が好き)だったときね(笑)。
e-ZUKA:キッスだと、ロックな音でもきれいなんですよ。ナチュラルディストーションで。
KISHOW:例えば、キッスがそのリフを弾いたらどうなるの?
e-ZUKA:同じ感じになるだろうけど、もうちょっときれいな音色になる。♪ギャギャギャ〜みたいなのが当時はすごく古臭く感じて。ただ、今は逆にかっこいいと思うんですけどね。それでベースもすごくポコポコ鳴っていて……(昔の)ビートルズと同じ感覚?
KISHOW:あぁ、そうだねぇ。
e-ZUKA:それから“やっぱり、ストーンズはかっこいいな”って思い始めたのは、ギターをちゃんと聴くようになってからですね。
そんなザ・ローリング・ストーンズのサウンドでe-ZUKAが特に注目したのが、ギタリストのキース・リチャーズ独特の奏法です。
e-ZUKA:キース・リチャーズって、オープン・チューニングが有名なんですよ。普通のギターのチューニングって、こう……(と6弦から順に開放弦を鳴らす)なんです。これはコードになってないんですけど、これを(開放弦を弾くだけで)コードにするチューニングがあるんです。
と、実際にギターをキースと同じチューニングに合わせて弾きながら、e-ZUKAが奏法を解説します。キース・リチャーズは“オープンGチューニング”を得意としていました。これはレギュラーチューニング(E-A-D-G-B-E)から6弦、5弦、1弦を1音ずつ下げ、「D-G-D-G-B-E」と合わせるもの。さらにキースは、コードを指1本で抑えるのに「6弦が邪魔だ」という理由で6弦を外してしまい、5本弦のオープンGチューニングを愛用しました。そんな変則チューニングからは「Honky Tonk Women」や「Brown Sugar」「Start Me Up」などの大ヒット曲が多数生まれています。
そしてKISHOWにとってのザ・ローリング・ストーンズの印象は?
KISHOW:「ザ・ローリング・ストーンズ」っていう言葉がもう強くてさ、いわゆるキラーワードだと思うんだけど。例えば、雑誌でもローリング・ストーン誌とかね。それこそボブ・ディランの「Like a Rolling Stone」っていう曲もあるし。
e-ZUKA:(バンド名の)ザ・ローリング・ストーンズは、マディ・ウォーターズの楽曲「Rollin' Stone」から取ってるわけでしょ?
KISHOW:そっかそっか。
e-ZUKA:だからザ・ローリング・ストーンズは、アメリカのブルースとかリズム・アンド・ブルースへの憧れがすごく強くて。でも、当時はみんなそうですよね。レッド・ツェッペリンだって結局“ブルースを爆音でやる!”みたいなね。
そしてこの日は、ザ・ローリング・ストーンズのナンバーから2人が印象的な1曲をセレクト。「ストーンズに関しては“にわか中のにわか”」と言うKISHOWは「Jumpin' Jack Flash」、バラード好きなe-ZUKAは「Wild Horses」を紹介。
ストーンズのバラードナンバーをしっかり聴いたことがなかったというKISHOWは、「こういう側面はあまり知らなかったなぁ。とてもいいですね」と、改めてロック界のレジェンドの魅力を再発見した様子でした。
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月15日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:火曜21:00〜21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top

TOKYO FM+

「ザ・ローリング・ストーンズ」をもっと詳しく

「ザ・ローリング・ストーンズ」のニュース

「ザ・ローリング・ストーンズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ