夏菜、高岡早紀に運命を狂わされる 『リカ』追加キャスト発表

9月15日(日)14時0分 クランクイン!

 女優の高岡早紀が主演を務める10月5日スタートのドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)に、女優の夏菜が出演することが発表された。主人公リカ(高岡)に運命を大きく狂わされる悲劇の女性を演じる。 本作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した五十嵐貴久の『リカ』シリーズ(幻冬舎文庫)から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく恐怖のエピソードを2部構成でドラマ化。リカのターゲットとなる男性を、第1部では小池徹平、第2部では大谷亮平が演じる。

 主人公・雨宮リカ(高岡)は、職歴や現住所、年齢など、すべて詐称で「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」という結婚観の持ち主。男性への愛はいちずだが常に一方的で、運命の相手と信じた男と自分だけの理想の世界を作ろうとし、そのためなら「障害物」と見なした相手を殺すことも辞さない。孤独な生活の中、心に闇を抱えたまま、毎回真剣に恋をしては生涯のパートナーを追い求めている純愛モンスターだ。

 夏菜が演じる丘留(金沢)千秋は、第1部ではリカが看護師として勤める病院の事務員、第2部では映画会社に勤務。好奇心旺盛な今どきの女性で、物語のキーパーソンのひとりとなる。

 役どころについて夏菜は「噂好きで、SNSの“いいね”が好きで、今どきの現代主婦といった、大人になり切れていない女性と思ったのが第一印象です。ただ、ドラマの中で千秋が一番視聴者の目線に近いキャラクターだと思っていて、特に第2部ではリカからの巻き込まれ方が壮絶なので、視聴者の方を巻き込んで一緒に楽しんでいただき、最後まで目が離せない存在になれたらいいなと思っています」と話す。

 夏菜はまた、主演の高岡について、「リカにぴったりと言うと失礼かも知れないですが、高岡さんでしか出せない表情があると思いました。高岡さんとは10代の時以来の共演で、その時と変わらずに本当に美しい方で、どこか羽の生えたようなふわっとした雰囲気もずっと変わらず、おちゃめで可愛らしくて、そしてどこか妖艶で。でも、話すとサバサバしていて、やっぱり素敵な方だなというのをあらためて思います」と語っている。

 このほかの追加キャストとして、徳永えり、柏原収史、西岡徳馬の出演も発表された。

 オトナの土ドラ『リカ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月5日より毎週土曜23時40分放送。

クランクイン!

「夏菜」をもっと詳しく

「夏菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ