安住紳一郎アナ、突然のNHK出演に驚く人続出 愛社精神に称賛も

9月15日(日)12時1分 しらべぇ

(写真は『安住紳一郎の日曜天国』のスクリーンショット)

15日、NHKとTBSがこの日開催された「MGCマラソングランドチャンピオンシップ」の中継で、異例コラボ放送を実施。

そのなかでTBSの安住紳一郎アナウンサーがNHKに登場したことに驚く人が続出した。


■NHKとTBSで同時放送

「MGCマラソングランドチャンピオンシップ」は2020年に開催される東京オリンピック代表を決める重要なレース。15日に男女同時開催された。

その中継は男子をTBS、女子をNHKが担当。スタートに先立ちTBS側から安住紳一郎アナ、NHKからは嵐の相葉雅紀が両局の画面に映る。そして相葉が

「この時間は局の垣根を超えた史上初のコラボ映像となっております」


と説明し、安住アナも「どちらの局にも同じ映像が映っております」と紹介した。


関連記事:安住アナが語る「オーバーブッキング時の日本人の対応」が面白すぎる

■安住アナが愛社精神を見せる

安住紳一郎アナはTBS限定放送に戻ると、対抗心を剥き出しに。まず「わずか3メートル向こう側でNHKの皆さんがレポートをしているということで。杉浦アナの声がビンビンに響いていますので、負けないように頑張りたい」とジャブを入れる。そして、

「男子のスタートは8時50分と女子のスタートより早く、そしてTBSでは男子のレースをお伝えするということなので、しばらくは NHK を見る必要はないと。


男子のスタート、国歌斉唱などなどは、NHKくらいしか見ないという年配の方も多いと思うんですけども、男子のほうはぜひTBSでご覧頂きたいと思います」


と愛社精神に溢れる発言。これには解説で元オリンピック金メダリストの高橋尚子氏と元マラソン日本記録保持者の高岡寿成氏も大笑いだった。

■突然の出演に驚きの声

NHKに突然出演した安住アナに、朝から驚く人が続出した。


■大会に花を添えた?

かつては日本人のお家芸といわれ、金メダリストを多数輩出している日本マラソン界。最近は低迷気味だけに、国民の関心も離れ気味といわれる。

そんななかでの安住アナと嵐・相葉雅紀のコラボ放送は興味のない人や、これから競技を始めようと考える人や、興味を失ってしまった人への良いアピールになったかも。

しらべぇ編集部が全国の20代から60代の男女1,353名に駅伝やマラソン中継について聞いた調査では、「中継後走りたくなる」と答えた人が一定数存在している。

駅伝走りたくなる1

走る選手たちが主役の大会だが、安住紳一郎アナと相葉雅紀による「NHKとTBSのコラボ放送」も、「MGCマラソングランドチャンピオンシップ」に花を添えたことは間違いないだろう。


・合わせて読みたい→ビートたけし、離婚にまつわる報道に激怒 「間抜け週刊誌、バカヤロー」「嘘ばかりつきやがって」


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年12月22日〜2015年12月24日

対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)

しらべぇ

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ