カンニング竹山、プロポーズのタイミングが話題 「奥さんがすごい」

9月15日(日)11時31分 しらべぇ

カンニング竹山

15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、カンニング竹山が出演。自身のプロポーズ秘話を明かし、ネット上で話題となっている。


■「嫁の定期預金を…」

番組冒頭、よゐこ濱口優南明奈結婚式が話題に。その流れで、MC東野幸治から「プロポーズみたいのはされたんですか」と聞かれた竹山。

この質問に対し竹山は「嫁の定期預金を崩したときですね」と即答。当時借金に追われていた竹山は妻に懇願し、定期預金を崩してもらった後に、一緒に払込みにいったのだという。そのとき妻から「少し距離を置きたい」と言われ、それに対し、

「ちょっと待ってくれ。本当に生まれ変わろうと思ってるから。頼むから、一緒に住むことから始めてくれ」


と告げ、それが半ばプロポーズのようなかたちになったのだそうだ。


関連記事:須藤凛々花と竹山が米山隆一氏の援交騒動にコメント 「頭が良くても恋には勝てない」

■松本も「いい話やな」

それでも即OKとはならず、半年ほど経ったあと、妻の覚悟が決まり同棲という流れになったという。このエピソードに松本人志は、「いい話やなと一瞬思った」とコメント。

その当時は「自分の中ではこの女性を守り抜こうという気持ち」だったそうだが、その後2回ほど浮気をしてしまったと告白。「いまはすっげえ反省してます」と自戒した。

■「奥さんがすごい…」

この竹山の告白に、ネットからは「面白い」「奥さんがすごい…」とさまざまな声が寄せられた。


■プロポーズは相手から?

しらべぇ編集部が全国20〜60代未婚の男女788名を対象に「プロポーズ」について調査を実施したところ、全体の42.1%が「相手からしてもらいたい」と回答。男女別に見ると、男性24.1%に対して女性64.3%と大きく差が開く結果となった。

プロポーズ

MCに聞かれるがままに全てを明かした竹山。それにしても「定期預金を崩す」ということが破局の原因ではなく、結婚の契機になったというのはかなり珍しいケースだろう。


・合わせて読みたい→カンニング竹山、仕事関係者と視聴者に謝罪 「お許しください」


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日

対象:全国20代〜60代の未婚の男女788名 (有効回答数)

しらべぇ

「プロポーズ」をもっと詳しく

「プロポーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ