『Star Wars:スコードロン』短編が公開、『スター・ウォーズ』ドッグファイトのスリル詰まった作品

9月15日(火)13時49分 THE RIVER

EAによる『スター・ウォーズ』の新作ゲーム『Star Wars:スコードロン(Squadrons)』より、短編映像『Hunted』が公開された。

ゲームの世界観を伝える内容だが、『スター・ウォーズ』の新作短編として観てもじゅうぶんに見応えのある一作だ。

『Star Wars:スコードロン』は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)後が舞台。映像はエンドアの戦い後、舞台は新たに登場する惑星、ヴァー=シャー造船所。帝国軍と新共和国軍が激しい宇宙戦を繰り広げており、帝国軍は劣勢、退却を余儀なくされる。

艦隊は母艦であるスター・デストロイヤーに戻り撤退する運びとなるが、ヴァルコ・グレイはギリギリまで粘り、結果母艦に置いていかれてしまう。

ただ一機残されたグレイはタイ・ファイターの動力を切り、通過する新共和国軍艦隊をやりすごそうとするが、X-ウイングの一機に気づかれてしまう。

目くらましに攻撃をしかけ、惑星に逃げ出すグレイ。

X-ウイングとのスリリングな追撃戦を展開すると、グレイはヘルメットを脱ぎ捨てて、その姿を顕にする。アジア系のようだ。X-ウイングのパイロットに「帝国はもう負けた」と言い放たれたグレイは、湖の水面で機転を効かせて……。泥にまみれても「まだ終わってない、俺は戦う」と戦地に向かうグレイの姿は、まるで武士のようにも見える。

この短編で描かれた帝国軍パイロットのヴァルコ・グレイはゲーム本編にも登場。米StarWars.comによると、タイタン中隊の一員としてグレイと共に飛行できるという。予約注文すると、この短編動画に登場した装飾アイテムが手に入るということだ。

STAR WARS™: SQUADRONSSTAR WARS™: SQUADRONS

『Star Wars:スコードロン』は、2020年10月2日発売予定。

『Star Wars:スコードロン』公式サイト

THE RIVER

「スター・ウォーズ」をもっと詳しく

「スター・ウォーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ